散歩道

6月24日(土)




散歩道


いつもの喫茶店

向こうに
霞んで見えるのは
ヨガ友さんと
いつも会う

美術館の喫茶店♪


:::


昨日の夕散歩は

三井アウトレット横に
ある
公園に行って来ました
(みらい公園と言うのです)



みらい

夕暮れの公園ではベンチに腰かけて
談笑中の熟年夫婦や






2017-06-23 18.06.56

バドミントンに
キャッチボールにと

はじける学生たちの
姿


でも

ワタシにはダメだな


蚊や虫たちが怖くって
ベンチにじっと座ってられないもの



トナリのベンチには
ゆったりと座って本を開く
オネエサンの姿もありました




2017-06-23 18.03.02


@PM6:00
もうすぐ暗くなるよぉ
















スポンサーサイト

どこにでも・・・・。

6月23日(金)


どこにでも
そういうヒトはいる
ものです



エサを与えないでください
喉を詰める
危険があります



と書かれているのに
食パンなんかを手でちぎって
投げ与えるヒトが・・・。


:::


昨日も夕散歩に
白鳥を見に行きました


白鳥の居る場所には
ひとかたまりの人びとが


少し離れた場所に居りましても
喧嘩越しのような
大きな声が聞こえてきます



男性が
パンを白鳥に投げ与えてるのを
鳩が取りに来てるのです



男性が大きな声を出してるのは
よく聞くと

鳩にオマエにはやらん
アッチへ行け
と言ってるのです


なんかちょっと
問題のありそうな
言動の方のような気がします


まわりを取り巻く方々も
ヒソヒソ話や苦笑いの態

いぬ


生まれて数日のヒナ達に
パンを与えるなど決して良いハズもない
それでも
ワタシにしたところで
注意が出来るわけでもなく

もうすでに
誰かが注意して
キレられた後かも
知れません





目の当りに見て
アレコレ心配するのが
イヤさに
今日からはもう
白鳥の居る川には近づかないでおこうと
言う解決策しか思いつかない

ダメダメなオバハンでありました




ひな




貰われていく日まで
無事に
成長してくれますように・・・。









たて 

こんな小瓶でも

先っちょから
柔らかい
若葉が・・・・。

かわいそう
<m(__)m>











急遽・・・・。

6月21日(水)


昨晩からの雨も
予報より早く上がってしまいそう
まだ午後にも降りそうとは言ってるけれど・・・(?)
(恵みの雨になったかしら)





枝に




来月初旬に
夫の命日


日帰りでと考えていたけれど
この時期まだまだ雨の心配が
と気づいて


急遽
一日前の宿泊を取りました



こういう行事は
日を遅らせるのはダメだけど
前の日はいいと聞いたので
前日・当日の二日あれば
どちらか晴れるよネ
(楽観)(笑

:::


今日は
先週から約束の
ヨガ友さんと

老舗蕎麦屋
ランチ


雨が止んでよかったぁ
・・・・・と言っても


歩いて2~3分のところ
だけども


続きは帰ってから


:::


午後は雨が降りませんでした
お日様も出てきて

元の木阿弥


もう少し雨が続けばよかったのに
なんて
(各地で被害が出てるのに贅沢言っちゃいけない!)




ヨガ友さんと
お蕎麦を食べて



写真忘れた




その後
場所を移して
お茶



(また白鳥の子を見に行った)


You Tube動画で



可愛すぎる倉敷美観地区の
白鳥のヒナ
が公開されてるから



見てみて♪




2017-06-21 13.06.56 


たわいないことを
おしゃべりし合って
ストレス発散






いろいろいろ 




おわり










ほんまに・・・。

6月20日(火)




ははこ


明日から
本格的に梅雨入り
するそうです


ほんまに・・・・?


地域別
時間別降雨予想では

他地域は午後9時から
この地域だけが午後6時には降り出すと
朝からの予想でしたが


空は真っ黒
もう降り出して来そう♪


豪雨にさえならなければ
恵みの雨ですよね

まだ田んぼにも水が入ってないのだから・・・。



:::

かわいそうに
1羽減っちゃったけれど


4羽のヒナたちは
トーさんカーさんに
守られて
元気に育っておりました


見守るトーさんカーさん  









ちょっと考えなおす?

6月19日(月)


暑い!
汗がじわ~~

まだ体調がイマイチなんだろうか
違いますねぇ

部屋の寒暖計が
28.3度(湿度45%)を示しています



今日は
ホンマに暑いんやぁ


:::


なにげなく
館内図書室から持って来た
この本



 こうらく2


頁を開くと
老老介護の本でした
(主人公は59歳なので老老介護は失礼か)


佐江衆一さん
時代小説作家の印象が(ワタシには)あるのだけど
これは私小説的な要素が含まれた本
なのかなぁ



決して悲惨なばかりの小説ではなく
ユーモラスにとらえれば
楽し(・・・かなぁ)(笑


世間では
よくあるハナシではある


本 

私は家を飛び出した。ついに父にもボケがきたのか。
痴呆症老人が嫁に金を盗られたと騒ぐのはよく聞く話だ。
疑われた妻を思いやるより、父のボケその父に生理的な
嫌悪を募らせている妻の存在が腹立たしい





両親の老いを直視できない夫と
あれこれ言いながらも親身になって
老親の介護をする妻


22年前の小説なのだけど
もうすでにこの頃から老々介護の問題
施設利用の問題が始まっていたことに
今更ながらに
気付かされた



この本を読んでいると
どうしても
自分自身の両親のことが
思い出され
(亡き父母の関係性が登場の老夫婦とよく似てる)




なぜあのとき
もっと優しくできなかったんだろうと
後悔したり
小説の中の夫婦の老親へのかかわり方を見て(読んで)
ああ あれでよかったんだ
あれ以外の方法はなかったんだと
自分自身を慰めてみたり・・・・で


体調の悪いなかで
読む本ではなかったなぁ・・・・と
(現に熱が出たり血圧が上がったりした)
思ったり・・・



でも
読み終えた今はスッキリ



この後
ワタシには介護する相手も
介護して貰える相手もいないけれど



介護の覚悟
って言うのかなぁ
そういう立場にこれからなる人には
とっても参考になる本なのではないかと思う



小説内の
車に乗せられて窓に見える看板を
声を出して読む94歳の父親が


我が父親とダブって胸が詰まった




:::

無料試し読み部分を読んで
電子書籍で
購入しようと決めていた



2017-06-19 17.22.12

林真理子さんの本
こちらも
自宅介護を抱えながら
介護施設で働く3人の
女性の話


さすがに
連続で
このような本を読むのは辛いモンがあるなぁ・・・と
なにか他に
読みたくなるような本はないものだろうかと



思案中の今日この頃



2017-06-16 17.55.45

スイカも美味しい季節になりました
(甘くってよかったぁ♪)







sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle