えきべん・・・。

10月2日(月)

あぶなく9月と入力しそうに
なりました
もう10月2日です



今日は
朝から(深夜から)雨です
ずっと降り続いています
(・・・・PM4:28)


昨日はヨガ友さんと
海鮮丼でランチ


海鮮丼ランチ

これは
この前の北海道行き
1日目の新函館北斗駅前ホテルで
いただいた洋風な海鮮丼の写真です




話すことは
旅の話が1割で
あとは病気の話が9割
(笑



最近のワタシの膝痛は
ヨガ友さんに言わせると



うちの主人と症状がそっくりや
これは
「腰部・・・狭窄症」と
言うそうよ


ワタシ

ええっ
でも腰はぜんぜん痛くないよぉ
足裏に違和感が残ってるだけよぉ



そうでも
腰が痛くなくても
下肢に痺れ感や
足裏の違和感は腰から来ているんだって
整形のお医者さんは
言ってるの!


だそうです


お医者に行かなくって
ヨガ友さんに
病名付けられてしまいました
(笑



だけど
このようにして
自分の身に起こったコトを
話せる友が近くに居るだけで
ホント!
こころ休まる



:::


(えきべん)




雨で出かけられないので
朝からテレビばかりみておりました
「ノンストップ」
▽行楽の秋 駅弁物語



先々週出かけた北海道
めずらしく
2日目と
3日目にも
駅弁を買いました

えきべん 1

えきべん 2
2日目の
ニシン弁当は思い入れのある
お弁当で予約までして手にいれた
駅弁

2年前と変らず
ニシンたっぷり
数の子たっぷり

おいしかったぁ♪





えきべん 3

えきべん 4
3日目
帰りの日の
新幹線駅駅でもホタテの写真入り
掛け紙に惹かれて

買ってしまいました
同じ駅弁屋さんのほたて弁当




少し遅い時間だけど

その日の昼食に
車内で食べれば
ちょうどいいかと

・・・

ところが車内に入って見ると
(通路側指定)
空席のない満員状態

3人席の隣の男性はすぐにテーブルを出し
パソコンの操作
お仕事されてる隣でお弁当の匂いも
なんだかなぁ・・・と躊躇

窓際に座った
スポーツマン(大学生風)らしき
大きなDパックを背負った男性の手には
駅弁の袋が・・・


彼が食べ出したら一緒に食べよ・・・と
チラチラと横目で見るけれど
一向に食べる気配なし




袋入りのクッキー2~3枚とお茶で
空腹を癒しながら
彼が弁当を開くのを待っていると

とうとう
あと30分程で
終点東京駅に到着という
大宮駅あたりになってから
急に
弁当を開きだしましたよ



あっというまに完食!




くっそー
(笑
そんな真似は出来ません



車内でのんびり
お昼ご飯は駅弁♪
のつもりが




晩ご飯が駅弁に
なってしまいました


しかも東京駅の待合室で駅弁を


はじめての経験でしたぁ
(他にもおべんと食べておられる方が何人か)




これも
楽しかったりして
・・。



いい思い出



おわり
















スポンサーサイト

風邪引き?(旅日記)登別温泉

9月26日(火)



昨日は朝起きたら
なんだか身体が重い
体温計ったら36度9分(微熱)
平熱35℃台だから
これでもシンドイ

プール休み

今日も
もう一日休み
35度8分(よしよし)



旅の最初に泊まった
新函館北斗駅前

新函館北斗


キモカワワル
「ズーシーホッキー君」
の他に



あの
三橋美智也さまの
記念碑も建立されておりました

三橋美智也

生誕地だそう



♪わ~らにまみれてよお   そだてたくり~げ♪



ワタシは
三橋美智也さんより
春日八郎さんのほうがいいなぁ
(父に似てる気がして・・・)(笑


:::

(旅日記)

9月21日

登別温泉にて



朝から

登別地獄谷まで
歩いてみましたぁ

坂道を登ること10分程度
入り口には大きな駐車場

朝早かったので
それほど混んではいませんでしたが
遊歩道を戻ってくると
ぞくぞく観光バスが続いておりました




登別温泉地獄

登別地獄谷
(支笏洞爺国立公園)だそう




地獄谷








遊歩道は

秋色散歩には

秋色散歩には
あと一歩
(10月初旬がベストかな)




帰り道でインドネシア系
(間違いないと思う)の女性に
スマホで写真撮って・・・と頼まれました

OK  OKよぉ(爆


「上手く撮れてるか確認してねぇ」って
言いたいのだけど

・・・・言えませんでしたぁ(滝汗




バスで駅前まで戻り
時間に余裕があったので
各駅停車を「東室蘭駅」まで
乗ってみました



もっとローカル線に乗ってみたかったのだけど
本数少なく上手く時間調整が出来ませんでした


ローカル





この日は

真っ青の海を

海も空も真っ青



スーパー北斗に
乗り換えて


駒ヶ岳

駒ヶ岳が見えたら
もうすぐ函館北斗駅




駅弁買って
(駅弁ばなしは次の機会に)


20分待って
「はやぶさ」に・・・。


この日は
大都会のシティホテル
「品プリ」メインタワーにお泊リ♪
アクアパーク入場券割引に
惹かれちゃって(笑


品プリ







ホテル玄関(登別温泉)で記念写真♪

登別玄関で

髪が真っ白!
ババぁ だぁああ




続く


(旅日記)函館『街歩き』

9月24日(日)

朝から
ジムのお風呂

歩きすぎて
(そんなハズない)(笑
ふくらはぎが
バンバンに腫れていたのは
翌日には治ってきたけれど
膝の痛みが続く


ジムの
浅い広いお風呂で
しっかりマッサージ
(もみもみ)


:::


(旅日記)


9月20日

特別
函館が好きというわけでも
ないけれど
連続3回の
函館街行き


と言うのも

前日に着いた
「新函館北斗駅」から
バスで行く予定だった



ジパング倶楽部から届いた冊子に掲載されていて
展望台から南北海道の絶景が一望と言う
七飯ゴンドラ
前日の落雷で
動かなくなった



予定地に行けなくなって


午後の「スーパー北斗11号」まで
3時間程の時間を潰せなくなったから





まるで小樽

まるで小樽運河のレンガ倉庫にも
みえるけれど




函館赤レンガ

函館
金森赤レンガ倉庫街




前回
定期観光バスで函館の町を
巡ったときは車窓からみただけ


前々回
ラビスタベイに宿泊したときは
この倉庫街を静かな早朝に散歩しただけ



倉庫内がどのようになってるのかは
はじめてなので
見に行ってもいいかなぁ
と思ったのだけれど





小樽も横浜も舞鶴も・・・・
倉庫のなかはみんな同じ(だよ~~ん)
若いお嬢ちゃまが欲しがるようなアクセサリーと
雑貨・小物類のオンパレード





それでも
バアサンも記念に買ってみました
グリーンの天然石がついたネックレス
(汗アレルギーを忘れてネ)
(笑




小雨の降る

小雨降るレンガ街から
ぶらぶら(トボトボ?)と
函館朝市通りまで
歩いて戻り




歩いて






札幌行きの
「スーパー北斗11号」に乗りました♪


函館から
満席だったよ
外国人で・・・


途中
大沼公園駅を過ぎた頃
駒ヶ岳も車窓に見え隠れ



駒ヶ岳





2時間程で着いた
「登別」の駅も雨

登別駅前






夜に出てみた
ホテル前も
どしゃぶり雨

yoru ha




ホテルの温泉は
とっても豪華



食塩泉・硫黄泉・鉄泉の3種類
それぞれに「熱め」「ぬるめ」の浴槽に
滝の流れる露天風呂に
ひの
き風呂

中央に
裸像が三体の
ローマ風大浴場も
とっても広くって
入浴客も(外国人の)いっぱい居たけれど
気にするコトなく
ゆっくりと楽しむことが出来ました♪





翌日には
真っ青な空が



よかったぁ


真っ青 










ちょっと疲れたかも・・・。

9月23日(土)



北海道に行って来ました♪
(9月19日~22日)


北海道の
どこに行きたいとか
どこを必ず
見たいとかはぜんぜん無くって


以前は
海から見て
衝撃的だった積丹半島を
陸地から
行ってみたいとか
桜木紫乃さんの小説に出てくる
荒涼とした野付半島を
この目で見てみたいとか
思ったこともあったけれど
最近はそんな気力を


すっかり失くし
(悲




ただ
北海道まで
新幹線が繋がったので
一度は乗って置きたいかな
・・・・と


思って
出かけて来ました。


700系 





海に潜っての北海道行きは
一度っきりで
それもトワイライトがあった頃
片道を乗っただけ

実は
あの長い距離の青函トンネルの
閉塞感(?)
飛行機で空を飛ぶより
苦手かも知れない
(笑




:::

今回も行きは北海道新幹線で
帰りは
丁度いい時間帯(PM6:40頃)にある
地元空港への直行便で
ビューとイッキに帰るか

それとも
ノンビリとまる一日かかっての船で帰るか
どちらかにしょうと
直近まで迷っていたのだけど




出発の前日(当日も)まで
北海道は台風の余波があって


悩んだ末の
往復新幹線決定


:::





ムリをしない
ように



北海道新幹線に
乗ること

はやぶさ




身欠きニシン弁当を
食べること
(笑

ニシン弁当つつみ



登別温泉に
行くこと

登別

目的は
この三つ
(だけ)



ニシンは大好物なのに
昨年は
年初の富山のきときと市場で買った
「にしんとジャガイモの炊いたん」と
夏に行った上越妙高駅で買った
「にしん親子弁当」を食べたっきり

今年は
まだ1度も食べておりません




そして
日本名湯10選で

草津温泉  別府温泉
指宿温泉 湯布院温泉
下呂温泉 道後温泉
有馬温泉 登別温泉
黒川温泉 城崎温泉

のうち
未踏(湯)なのが
登別温泉だけなので
行ってみようと

思ったのです




自分で言うのもなんだけど
たわいのない望みと言えば
そうだけど

今のワタシは
途中でシンドくならないで
誰にも迷惑かけずに帰って来れた
それだけで嬉しい♪




秋色 


登別温泉は
秋色まっただ中







予定してなかった
函館の町を歩いたり
北海道・駒ヶ岳の写真が撮れたり
ローカル線に
ちょっとだけ乗ったりの
旅日記も書きたいな
・・・・と
思っています。














(旅日記)知床・釧路の旅 4

7月13日(月)~15日(水)

7月15日
早い出発です(AM8:00)

女満別空港で帰りのチケットが
取れなかったのか

それとも
知床だけの旅で
この旅行代金は気が引けたのか(笑


帰りの行程は
「釧路湿原」散策後の

釧路空港行き

:::

知床から釧路まで
途中休憩をはさんで

約3時間

釧路湿原では2時間の
(自由)散策です

温根内ビジターS

釧路湿原と言えば


展望台から見る
釧路川の蛇行
釧路湿原 


当然
どちらかの展望台には
行くものと思っておりましたのに



温根内ビジターセンターからの
木道歩きのみ

しかも


一番短い周遊コースも
途中で折り返してくる

中途半端さに

ガッカリ


なんでせっかく釧路湿原まで来て
展望台で湿原の広大さや釧路川の
流れを見るコースが無いなんて
信じられへんわぁ




言われてしまって

ワタシのせいとチャウけど
なんだか、肩身がセマっ(笑


それでも
おしゃべりしながらの
釧路湿原散策と

それなりに
楽しんだ
写真撮影♪



:::


ひろいひろい
釧路湿原ですもの


来年の今頃か
もう少し早めに
(・・・6月がベストシーズンだって)


『来る気と元気』
があれば
もう一度来てもいいかなぁ
(花咲線にも乗りたいし)




思ったり


木道


湿原




ほとんどの花が終わったなか

花は

(ホザキシモツケ)




トキソウ

(トキソウ)




ゆうすげ

(サギスゲ)




などが可憐な姿で咲いておりました

とくにサギスゲ《ワタスゲの仲間かな?)は


サギスゲ

木道の側でたくさん
白い綿毛を揺らしておりました


8月になれば

ガクアジサイに似たノリウツギだとか
ウメバチソウ・サワギキョウなども見られるようで
今が一番お花の旬としては寂しかったのかも


歩く

日陰のない
暑い暑い木道を
もくもくと
歩いて行きますと



広い大地にでてきました


まるでサバンナ

まるでサバンナの草原
(行ったことないけど)

あの木の下に

あの木の横から
ライオンが現れそう・・・


ワイド



いろいろ
不満もあるにはあったけど

勝手に

これだけの景色も目に出来たし
楽しい再会もあったし


文句を言っちゃいけませんね



:::


2時過ぎには

たんちょう釧路空港に
到着

2015_07_15.jpg



乗り継ぎの羽田では

ぴかちゅー機

ピカチュー機と

遥か向こうにスカイツリーも
見られて


無事

伊丹到着となりました


おわり












テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle