東予へ

12月20日(火)

しおかぜ13号自由席
意外な混みようです

お仕事関係の方が
多いようです

海ぎわには
大手製紙工場とか
企業がたくさん
ありますから


約2時間到着



曇天でなければ
もっと綺麗なんでしょうが
これで充分



はじめてだけどいいところで
よかっタァ


スポンサーサイト

道後温泉から内子町へ

なぜか昨日のブログから反転(縦画像)画像が正しく表示されなくなりました

なぜだろうとあちこちアチコチとさわりまくった(笑
けどわかりませ~~~~ん
その前までは普通に変換した画像がちゃんと表示されておりましたのに・・


素人はちょっとしたアクシデントにも対応ができません

しばらく横長画像だけで・・・
そのうち、勝手に直るかも、叩いたら直るかも


   1ライン


 10月9日(水)


    翌朝
                    早朝の温泉街


 朝の道後本館


 朝食前に『道後温泉本館』に頂いたチケットを持って行ってきました
 6時と同時に棟屋の上(シンロカク)の太鼓が開館を知らせます


 やはり天候のせいでしょうか入浴客は少な目(・・・いつもの早朝がどうなのか知りませんけど)
 あんまり大きくはない浴槽ですがゆっくりとお湯に浸たることができました


 身体を温めて出てきますと
 ぼちぼちと他のホテルに宿泊の方々も湯籠を提げて来られてました



              朝食


 朝はロールパンとサラダそして珈琲&ヨーグルトぐらいと決めておりますのに
 バイキングの朝食を見ますと、どうしても和のお惣菜が気になって・・・・

 この日もコンニャクのピリ辛煮とがんもに椎茸・人参の含め煮を取ってしまいました
 それに蛇口をひねれば蜜柑ジュース(ポンジュース)が出る愛媛県ですから
 ジュースもたっぷり頂戴いたしましたぁ


 出発は
 10時15分! 超ゆっくり出発でございます
   
  ( 行程表では8:30になっておりましたが、昨晩はまだまだ台風の行方がはっきり
     しておりませんので超ゆっくりな出立と変更になったようです)



 お昼すこし前には

 内子の町に到着


 町並み


 まずはガイドさんの説明と
 『内子座』の見学


 内子座2



 内子座4



      内子座3


 内子の町が木蝋や生糸などの生産で栄えていた時代、芸能を愛した有志達の発起により
 建てられ、農閑期などに歌舞伎や文楽、映画、落語などが演じられ当時の人の心のよりどころ
 となっていたようです


 今現在も劇場として活用され
 先週は   あぎ


阿木葉子さんの曽根崎心中が上演されてたみたい


    町並み散策


 内子座見学のあとは各自で昼食後、約2時間の自由散策となったわけなのですが・・・


 一番うえの写真でもわかるとおり
 暑いうえに日陰が・・・・・


 軒先のわずかな影を求めて歩いても汗がタラタラタラリ


暑い!


 休み


 暑い暑い!


 途中、今は文化交流サロンになっている
 国産ビールの創始者「高橋邸」にも立ち寄り



 暑い暑いと言いながらも

 『内子まちの駅なんぜ』で


                       豚まん

  『幻の内子豚まん』(栗入り)をお昼ご飯に頂戴いたしました
  150円ですのにデッキのテーブルにお水も用意してくださって
  小ぶりながらお肉ぎっしり、みっちりむっちりな美味しい豚まんでございましたよ
        ・・・・ワタシには〇〇1の豚まんよりもでしたぁ



 最後に


 青い海と空


 まさか、こんな青い海と青い空の来島海峡が見られるとは・・・・
                 感動で言葉もございません




 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村



なになに
   






            

テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

しまなみ海道から愛媛へ・・

雨合羽&雨傘
ついでにレインハット
   ・・・ゴアテックスのこれが蒸し暑くって!ウンザリ

と台風対策を用意万端ととのえて
尾道・愛媛の旅に出発


出かけた当日は曇り空だったものの

翌日は(台風の速度が速くって予想より遠くに行ってしまったとか)
早朝こそ曇っていたが時間の経過とともに快晴の空
   ・・・そんなに晴れんでもぉ迷惑や!(勝手もんデス)


暑い暑い!10月の『尾道&道後・内子の旅』から帰ってきました♪


尾道&道後あたりは日帰り旅圏内なのですけどネ

とくに今回はJR福山駅からバスで「しまなみ海道』を渡るので
お時間もお金もお得お得コースでございます


個人旅行でも
高速乗合バスが松山市駅まで往復で6800円
宿泊先を予約して、昼食などでトータルすると同じような金額になるし


このバスツアーには『尾道』や『大三島』『来島海峡』
そして、一度は訪ねたかった『内子町散策』も付いているし
相当にお得そう(・・・・旅のバーゲンセールですって!



散策の後、バスのシートに隠れて着替えをするほど
汗まみれになった10月とは思えない暑さのなかの旅でしたけど


近場でゆっくり出発の旅もたまにはイイねぇ


1ライン


10月8日(火)

   11時40分集合

台風の影響はなさそうだけど
ちょっと早めに集合駅まで行って
昼食を食べておくことにしました


駅から


 いつものように


本

 在来線でのんびりと・・・・


6月に鞆の浦に来たときは

鞆の国民宿舎で昼食を摂ったので
今回は駅ナカの食堂街での昼食を楽しみ♪で
来ましたのに・・・・
          選んだ店が悪かったのか  う~~~ん


 関西・北陸方面からの方と合流

 まずは


 尾道『千光寺』へ


 尾道


      ガイドさんと


 ガイドさんと『文学のこみち』をまわり
 最後に千光寺さんにお参りして解散


 尾道は坂の町ですから

  この道を歩くのも  ヒーヒーハーハーでございますよ(


 そして尾道は『ネコちゃんの町』でもあります

        尾道にゃんこさん

 このニャンコさんはちょっとキタキツネみた~~い


  尾道水道

 下に見える凝ったデザインの市立美術館は
 著名な設計家・安藤忠雄の設計でございますですよ

 奥にみえているのが向島をはさんだ海峡、尾道水道です


 曇り空ながら気温は高そうで
 汗だくだくになりながらバスに戻ります
      内心、尾道はもうイイやと思っております2度目です   やれやれです


 しまなみ海道も実は3~4度目!

 しかし

 どこにも降りなかったり、夜だったり、興味がなかったり
 あんまり記憶にないんです  いちばん最近では一昨年ですのに


 今回はシッカリと記憶に留めました(ウソ!


 途中、大三島では

 大山祇神社や生樹の御門を見に降りました



 大山づみ神社


    大山〇神社


       
 生樹の御門





      
        まるで


       まるで2


 まるで沖縄でみた『ガンガラーの谷』のような
 そこだけが古代の森のような雰囲気を漂わせておりました


 古木


 しまなみ海道、最後の橋『来島海峡大橋』を
 渡るころには


 恐ろしい空の色


 恐ろしいような空模様になっておりましたので


  来島海峡


 みなさ~~ん  よ~く見ておいてくださいネ
 明日はきっともっと天候が悪くなりますので降車しての見学はできませんよお


 ですって!
 そう思いますよね!この空模様を見ましたら



 夕方6時前にはホテルに到着


 道後温泉本館に徒歩3分と
 ベストな場所のホテルですから


             鯛会席

 鯛会席の夕食をとともに頂いて


 夜の町へと出てみました


   道後の夜景
                          ホテルの窓から・・・右に見えるのが道後温泉本館


      商店街に

 商店街もぶらぶら



 道後温泉本館の入浴は明日の朝からに致します
 
 今日はホテルの内湯でゆっくり(・・・奥道後のお湯を引いてると・・・)
 夕食時間に行きましたので貸切状態 いい湯だな ふふ ♪♪


夜の道後温泉




にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


 1泊なのにしつこく明日も続きます。


 


 


 



テーマ : 旅日記
ジャンル : 旅行

sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle