(旅日記)上野&栃木・群馬・埼玉への秋旅 5

11月7日(金)

旅の最終日です

前日の宿泊先は

埼玉県飯能市吾野

(奥武蔵と呼ばれているところ)



飯能市の呼び方さえ知らない関西人
でしたので

到着するまで(到着してからも)どのあたりに
位置するのかもわからず



自宅に戻ってから地図などを見て

ああ  奥多摩のブログのお友達のご近所や!

と吃驚する始末


:::


県境を挟んでホントにご近所

道理でお宿の前の橋に並んだノボリの

のらぼう

『のらぼう(菜)』に見覚えがあるハズだ!

     のらぼう菜=東京都西多摩地方および埼玉県飯能市で
             栽培される



〇〇ちゃ~ん お近くまで行ったよう♪

ぜんぜん知らんかったけど(滝汗


:::


旅の最後のこの日の予定は

東京湾クルージングと浅草散策

大都会へ出る幹線道路は渋滞の心配あり
と言うことで



日の出ふ頭を11時50分発のクルージング船に
乗るために8時30分の出発


充分に間にあいました♪

日の出ふ頭


ただクルージングの
約2時間の間に部屋に入ってのランチバイキング
も済ませなければならないので



出港したすぐ通過するレインボーブリッジなどは
写真に撮れませんでした




デッキに出て

ゲートブリッジ


ゲートブリッジの向こう





東京ゲートブリッジ

ゲートブリッジと



青い空

青い空と




とカモメ

カモメと



とお船

遠くゆくお船と・・・



羽田沖では

飛行機の離着陸が何度も見えましたのに
望遠レンズは朝の宅急便で早々と自宅に
送り返していてなんとも残念無念(笑


撮りたかったなぁ
飛行機

ひこうき 





最後の見学先

浅草観音さまは

前々回に東京に来たときに
訪れましたし・・・

今回は


でかみなり門

かみなり門と



浅草界隈

浅草界隈の写真を撮って
お先に失礼して



東京メトロで上野へ
山手線で東京駅へでて

キットカット
長い行列のキットカットのお店で



限定キットカット『オレンジカクテル』を
並んで買って帰りました


おわり





夕食

前の日の
オシャレな盛り付けのご夕食


スポンサーサイト

# (旅日記)上野&栃木・群馬・埼玉への秋旅4

ブリュナ館1

11月6日(木)

旅本番4日目

この日の見学先は
『富岡製糸場と絹産業遺産群」

                    絹産業遺産群=田島弥平旧宅・高山社跡・荒船風穴


:::



その前に

カラマツの紅葉


部屋から

朝からお宿の窓から見た
カラマツの紅葉!  す  すばらしいい
(実物はもっと金色!)



:::


バスから見えた
下仁田ねぎ畑

下仁田ねぎ
                 下仁田ねぎ


まず最初に行きました『荒船風穴』は
群馬県甘楽郡下仁田町にあります




バスでは行けない細い山道を観光タクシーで


荒船



荒船風穴とは

風穴の冷風で蚕種を貯蔵した建物の跡地



まずは

レクチャー
資料館の担当者のレクチャーを受け

実際の跡地へ向かいます



風穴


風穴跡地


跡地

この石垣の上に壁と屋根が設けられ蚕種が貯蔵
されていたのです




冷風



荒船風穴



苔むす



棚田



柿が


:::



下仁田はネギとコンニャクの町

こんにゃくづくし


お昼は
こんにゃくづくしで・・・
   こんにゃく入りの巻きずしにこんにゃくフライ
  こんにゃく入りポテサラに刺身こんにゃく・・・
  こんにゃく団子

  下仁田ネギが入ったお鍋はとっても美味でございましたぁ

はんじょう
大繁盛


:::



お昼を済ませて

富岡製糸場へ・・・


こちらはさすがに

エライ混雑
なかなかヒトの入らない写真は撮れません


富岡製糸
                  
               テレビで見慣れた場所から





見学の



遺産


こちらも案内人さんが附いての見学




繰糸場の内部は(一部)見学できました


工場内


ここだけ
          中央に柱のないトラス構造


見せて
               S40年代設置された自動繰糸機







??
                            修復中の寄宿舎



世界遺産登録で

観光客が駐車場から
製糸場までの道に大渋滞

両側に軒を並べるお店も
客引きに大わらわ!


もうすこし落ち着いてからの方が

いいかも

:::


この日は
これから埼玉県奥武蔵まで・・・

最後の宿泊先です


























(旅日記)上野&栃木・群馬・埼玉への秋旅 3(後)

11月5日(木)

旅の本番3日目(後半)

わたらせ渓谷鐡道を『神戸駅』で降り

バスに乗りかえ

午後の見学先
『富弘美術館』へと向かいました


:::

星野富弘さんの口に筆をくわえて書かれた
作品の数々はあまりにも有名で

いままでにも何度か作品を目にしたことは
ありましたが



これほどたくさんの作品を一度に見るのは
初めてで
ひとつひとつがとても素敵なものであるから
ゆえに

秋の特別展


緊張と感動で疲れて・・・・


しまいました


:::

美術館の周辺は散策路や草木や四季の花などを
植えたエリアもあったりして

観賞後もゆっくりと過ごせるような施設になっておりました


 3富弘


富弘2


富弘美術館

前庭のいろはもみじ



草木湖


2散策路

草木湖と散策路





:::

わたらせ渓谷鐡道の『神戸駅』から
富弘美術館までは10分ほどの距離でしたが

この後に行く

きょうのお宿・鹿沢高原までは2時間以上の
道程だったと・・・



大間々から県道73号を伊勢崎方面
北関東自動車道へ伊勢崎から乗る
関越道へ  妙義山・榛名山みえる

渋川・伊香保で降り南魚沼方面
四万・草津を通り過ぎて鹿沢へ・・・

我妻ってなに!!!



ノートにこんな殴り書きが
残っておりました

この時間、バスの中が急に冷え込んできて
実は気を逸らすための窮余の策の
殴り書きなのです(爆



宿に着いたとき、荷物を持つのもそこそこに
トイレはどこですかぁ・・・と飛び込んだワタシなのです


いま思い出しても冷汗たら~り


:::

夕食

今夜の夕食もお肉たっぷり(すき焼き)
バイキングにステーキもありましたのに・・・
毎日が牛肉三昧♪  どうしましょ



翌日は・・・


世界文化遺産の

『富岡製糸場と絹産業遺産群』
のうちの

荒船風穴と富岡製糸場に行きます


とみ 



つづく








(旅日記)上野&栃木・群馬・埼玉への秋旅 3

旅の本番3日目

朝から日光湯元を
                
                   朝の日光湯元温泉郷


11月5日(水)

昨夕と逆コースを帰ります


・・・・が

いろは坂は登りと下りのコースが違うそう

いろは坂


登りは『い』から『ね』までの20のカーブ
下りには『な』から『ん』の28のカーブがあって
               (・・・いろは坂の名の由来)



カーブのところで大きな声で
そのカーブのところに書いてある文字を歌うように
読むとバス酔いも来ないそうです

♪ めぇ~~~~  

 ・・・とか(笑


:::


この日の最初の見学先

県道122号線を日光市足尾の松木渓谷にむかいます




日足トンネルを超えて両横に迫る山々は
とんでもなく綺麗な

赤と黄褐色で・・・(撮った写真にその色が出てなくて残念!)


:::

松木渓谷に到着したバスに地元ボランティア案内人さんが同乗され

険しい岩だらけの道を進みます




ここでは

煙害をうけた
 
                                  右が植樹された山々


古くは幕府の御用銅山であり、明治になって古河市兵衛さんが買収、近代化手法で
大躍進した銅山ですが
その成長の陰では発生する亜硫酸ガスによる煙害や精錬などによる重金属を
含んだ廃水による水質汚染や土壌汚染をもたらしたのでした(・・足尾鉱毒事件)



足尾銅山はS48年に閉山しましたが、その後も輸入鉱石の精錬などを続けていました
それもS63年には稼働を停止、長い銅生産の歴史に幕を閉じました


:::



煙害や土壌汚染で

足尾の山を

草木も生えなくなった足尾の山々に緑を取り戻そうと
(足尾に緑を育てる会)
植樹の活動が続けられていて



山の緑は回復しつつあります





ワタシ達も植樹させていただきました

植樹を


植樹で


植樹1
ワタシの植えた木
  ・・・・上手く育ちますように(祈


:::


わたらせ鐡道トロッコ列車

もとは足尾銅山から産出される鉱石を輸送するために
敷設された足尾鐡道
今は間藤駅から桐生間の旅客線のみ
わたらせ渓谷鐡道として営業されてます


間藤駅


Ⅰ間藤駅




この間藤駅から6つ目の駅、神戸(ごうど)駅まで
トロッコ列車の旅(約40分)を楽しみました♪

出発




わたらせ




渓谷

この景色を見ながら頂いた
『駅弁』はホントに美味しかったなぁ♪


駅弁1 


:::




列車のなかには

トロッコ列車のなかには
こんな可愛いコーナーもあって駅弁なども売ってます




すれ違い列車

すれ違う列車と交歓



トンネル内では


イルミネーション


イルミで

イルミネーションで・・・



駅売りさん

駅に到着すれば
懐かしい駅弁売りさんが・・(お団子やお芋さんなども)と



色んな工夫を凝らされている
ご様子に・・・


なんどもの廃線危機を乗り越えて
これからもガンバっていただきたいと
願うばかりです

:::


にわか撮り鉄
載せたい写真があり過ぎて

午後からの『富弘美術館」(紅葉きれい) はまた後日

この日のお宿は鹿沢高原




トロッコ1
               来た来た♪


トロッコ2





トロッコ3
                         並列!! あ  惜しい(涙

                                 高架の上からパチリ


つづく









(旅日記)上野&栃木・群馬・埼玉への秋旅 2

11月4日(火)

那須高原の休暇村に泊まった翌朝は・・・

部屋から6:10
              部屋の窓からAM6:10



雲はあるけど
今日もお天気大丈夫そう♪


ホテルから
                  出発時間前の玄関先はこんな感じ


↑ ↑

なまえ


雨は降ってなかったけど
地面が濡れているような・・・


:::


そう言えば

この日は朝からも温泉に浸かりにいったのだけど
おとなりにいた方が(登山客)


昨日は雪と風で那須岳のロープウェーが止まってたんですよ
今日は動いて貰わなきゃ今晩は帰るんですよ・・・と
残念そうにおっしゃってたけど・・・



那須岳
                               AM10:40頃


これは
那須平成の森に行ってから見上げた那須岳
この青空ならきっと今日は大丈夫だったのでしょう

那須岳=茶臼岳の別称または
                      茶臼岳・朝日岳・三本槍岳の総称

:::

時間を戻して

9:00出発で『那須平成の森』へむかいます

                  ・・・・那須平成の森は平成20年まで那須御用邸用地として
      皇室の保養地であったものを
                   その用地の約半分560Haを今上天皇のご意向で
      一般開放されたもの


ビジターセンタ―

フィールドセンターを抜けて


ふれあいの森へ・・・

散策


冬

もう森はすっかり冬景色

赤


赤い色が

そんななかにも
明るい色と



枯葉のなかに

これから育とうとする命




Qか村の男性2名に前後を守られての
約1時間の散策
(クマさんが出没するんだそうですよ)

鈴
鈴も鳴らして・・



:::

平成の森の散策を終えて

この後は昨日の東北道を戻り

世界遺産『日光の社寺』へとまいります
    ・・・二社一寺=二荒山神社、東照宮、輪王寺


日光に

お昼を少し回った時間に到着♪


バスは日光田母沢御用邸記念公園横の駐車場に

てくてくと

約2時間半の自由散策と自由昼食



日光1


日光2
                                神厩舎

日光3
                                    上神庫

日光4


日光5
                
                             石鳥居



日光の社寺ではちょうど修復中のところが多くって
ちょっとがっかり

陽明門も白い覆いがかかっておりましたし・・・





修復中
                                輪王寺・三仏堂も覆いのなか



修復中の輪王寺・三仏堂前では

修学旅行生達が
覆いに描かれ絵の前に立って
記念写真を撮ってもらっておりました(笑


:::

2時間半ほどの自由時間のなか
昼食もしなければならないし
田母沢御用邸も見てみたかったし



二荒山神社の神橋まで行く時間がなくて
それに肝心な東照宮の眠り猫も見逃して
(バスで隣合わせた方とおしゃべりしながら行ったのがダメでした)


おしゃべりに夢中
反省!




それでも


樹齢400年枝垂桜
                             手前の樹は樹齢400年の枝垂桜


田母沢御用邸2


これ


御用邸内より


日光・田母沢御用邸では
ゆっくりと紅葉と館内を見学できる時間が
取れたのでよかったかも


:::

今夜の宿泊先は奥日光


いろは坂を登り、中禅寺湖を超え
湯の湖の前にあります

4時前の早い到着でしたが
一万歩弱の歩行で疲れた足を
温ためたくて行くなり



温泉へドボン



あ  夕日を撮り忘れたと

村・日光

あわてて湯の湖まで歩いていきますと
ブルっ



湯ノ湖の夕日

夕日も綺麗だったけど



月も

5時をまわった湯の湖の空はお月さんも出ておりました


ホテル5時過ぎ




:::

今夜のお食事も豪華

夕食は


なんといっても
松茸の土瓶蒸しがありましたから  うれし



明日は足尾銅山のお勉強とわたらせ渓谷トロッコ列車

イラスト 




つづく



sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle