(旅日記) 北陸へ   4

1月27日(水)





故郷ナラの山焼き

そして(福井)越前三国のカニと温泉



(富山)高岡市の「大人の社会見学」ツアー
での2泊3日と

5日間の旅の

最終日です




二日間

ホテルニューオータニ高岡
の2日間の朝食は和食・洋食と日替わりで
ブッフェを選びました


洋食の一日にも
「ますの寿司」を
一切れチョイス


:::


この日の見学先は


まず

北陸新幹線開業に合わせて
オープンされた


高岡御車山会館


御車山会館へ


市内の車山

現在館内に飾られてるのは
守山町の御車山


各町内の御車山を順番に展示するよう
です




2016_01_27.jpg

お祭りのビデオをみて
ガイドさんと館内見学

:::


そして

最後の見学先

重文   雲龍山 勝興寺


平成10年より23ヶ年計画でされている
平成の大修理をガイドさんの案内で見学します


ボランティアさんと






七不思議





七不思議のひとつ

実ならず

実ならずの銀杏




12棟の建造物のうち
今は書院・奥書院・大広間・台所のあたりが
修理されてるようです

修復




上から


大広間




雪が溶けだして
工事中の道は
歩きにくくなってきました




屋根を支える猿

屋根を支える猿(・・・七不思議)




本堂1 






本堂

本堂
(平成17年修理済み)



:::


日本遺産(平成27年認定)の町
高岡

2日間でいろんなところに
連れていってもらいましたが



寒波の影響で
道路事情は悪く



奈良・飛鳥と並ぶ
万葉の故地・高岡には
まだまだ見どころが
いっぱいありそうなのに

朝夕に
一人散策に出かける
余裕の時間がいっぱい
ありましたのに駅前まで出かけるのが
精一杯で残念な気も
しますが
また機会があれば
ということに


:::

この後は

よく見聞きする
射水市(新湊)の

きっときと(新鮮という意)市場へ


きっときと市場
                      かりもの




最後の食事(昼食)は

きっときと市場
                              お行儀の悪い写真で(汗





麦屋ポークのしゃぶしゃぶ御膳
と蟹一杯付き

おおきな蟹が姿のままで
大皿にどか~~ん(写真忘)




初日には(ひとり旅)
タグ付き越前ガニを
そして
ここでも
(タグ付きではなかったけど)
今年は
2度も蟹が頂けて
しあわせ




帰りの新幹線では

551.jpg
新大阪駅で行列に並んで買った
551蓬莱ぶたまんを
・・・こちらも旨旨



おわり










スポンサーサイト

(旅日記)北陸へ  3

1月26日(火)



なでうさぎ
                    手つきが今話題のあの方に似て・・・





これは前日25日に『ぐい呑み』製作体験を
させて頂いた高岡地場産Sの玄関に飾ってあったもの
製作体験でご指導いただいたプロの鋳造家さんの作品だそう
もちろんこの作品の方が先でしょうが・・

:::



この日の予定は
午前中に


国宝 瑞龍寺拝観と

重文 衆徳山総持寺の拝観



その後

海鮮問屋での昼食を挟んで

北陸新幹線開通に合わせてオープンした
高岡御車山会館を見学と言うコースだったのだけど




この好天に
雨晴海岸からの立山連峰が
とっても綺麗に見えてるということなので
急遽予定変更して
午後一に(明日の予定だった)雨晴の海岸に
行くことになりました♪



感動の
                              夢が叶い
                             感動の女岩と立山連峰に出会えました





:::


まずは

午前中の見学から

ホテル9時出発で
9時15分には到着の

曇り空

国宝 瑞龍寺は





阿吽


加賀藩主 
前田利長公を弔うための菩提寺で

前田利長公像

到着した頃はまだ曇り空のなか




ご住職

ご住職の楽しい講談じゃなく
ご講話と寺院ないの案内が終わる頃には


事実
ご住職さまは地元出身の講談師の指導を
受けられたとかで
声色まで変えてのご講話は
聞くモノのこころを惹きつける
魅力のあるものでした





ソフトクリーム



雪の瑞龍寺


真っ青な空に変っておりました♪





次の

拝観先
衆徳山 総持寺も
ごくお近くにありました


雪をかぶった

雪を被った66部の石仏の道を




総持寺

正門へ



入り口近くの
お堂では



前には
鳳凰菩薩2対が置かれ




鳳凰1 うさぎ
文殊菩薩




鳳凰2 牛と
虚空蔵菩薩


千手菩薩坐像が
特別公開されておりました




1総持寺
本堂では
ご住職が般若心経を唱えて
くださり

厳かな気分に浸りました





こちらでも約1時間の
御案内を受け



ここからは
お昼ご飯をいただきに
海鮮問屋「柿の匠」へて・・・・
行きます


海鮮丼

豪華な海鮮丼でした
表面の海鮮だけでなく
その下にも色んなお魚の切り身が
タップリで
こんな美味しい海鮮丼ははじめて♪



そして
念願の雨晴海岸へと向かいます


雨晴から

富山湾のマップです



立山連峰はもっと右下でしょうか
大体の方角を矢印しました



雨晴海岸からみた
立山連峰

雨晴海岸より1


これは

ポスターで見た通りに
見えました(笑



立山連峰

コンデジのパノラマ機能を使えば
ここまでは撮れなくっても
連山の姿を写せたのに
海岸へ降りる雪道で滑らないかと
そればかり思っていて

パノラマで撮ることをすっかり
忘れておりましたぁ・・・・残念





こちらは能登半島

こちらは
遥か向こうに能登半島が・・・



バスからも
                      バスの中でも
                              しつこく撮っておりま~す



翌日
同じ方向(勝興寺)へ行くのですが
その日は霞んで立山連峰は見えませんでした
一日早くに変更してくれて感謝感謝なのです


この後



千本格子の町並み
金屋町をボランティアさんと散策

金屋町



金屋町1


IMG_5745.jpg
                     キューポラと煙突




前日に
雪のための行けなかった

高岡大仏


高岡大仏にも寄り



ホテルへと
戻りました


:::


ホテルに一旦帰った後

この日は


居酒屋さんで

商店街にある
居酒屋さんでの


富山湾寿司

『ぶりしゃぶ』と富山湾寿司に
小鉢モノいろいろな夕食でした



つづく



翌日最終日は

この日

行けなかった
 御車山会館

平成の大修理中の
勝興寺


きっときと市場で
昼食後


帰途に着きます
























(旅日記)北陸に   2

1月25日(月)

窓から越前三国

朝の越前三国の海です
この日も波がどど~~ん



昨夕
送迎バスの中から見た海は

乗り合わせた全員が驚くほどの
波の高さで

あれは3mとか5mという波の高さなのか
もっと高いのかよくわかりませんが
大きな岩を乗り越えてくる迫力に
高台とは言え大丈夫なのかい

・・・と


少し怖いような気もしたものです


:::


この日の

予定は


11時20分発の
(特急)
サンダーバードと北陸新幹線を
乗り継いで
富山県高岡市まで行くのです


:::

早朝に
おでかけネットで
検索しますと

金沢から大阪への特急は
風と雪で30分以上の
遅れ
逆方向の金沢行きは平常通りの運行
と出ていましたが


臆病モノの
ワタシは11時駅着の
送迎バスでは
(雪道が)
心配で
30分早くに出る路線バスで
駅に向かいました


芦原温泉
                 途中の
                             あわら湯のまち停留所



駅に着いたら11時!
やっぱり
早く出てきてよかったぁ


(送迎バスなら間に合わなかったかも)



あれれ
金沢行きのサンダーバードも
   遅れておりました



JR芦原温泉駅では
大阪方面行きが大幅な遅れのため

駅待合室には座り切れない程の
列車待ちの乗客で通路まで溢れ返っておりました




幸い金沢行きは10分弱の遅れで
到着

白衣が寒そう
                   雪のなかでは
                           この方も寒そう(笑




北陸新幹線


乗り継ぎ列車(つるぎ708号)
にもダッシュで間に合って


無事

新高岡駅

新高岡駅に到着♪


:::

この日の最初の見学先

高岡の鋳物メーカー
『能作』の工房へ・・・

パンフ

能作は
東京・大阪・福岡にも店舗があって
全国的にも脚光を浴びる
新しい作品を作って居られる鋳物メーカーなのです
(錫で出来た曲がる器やぐい呑み、片口など)

若いスタッフ

工房の若いスタッフ





能作

昔ながらの仏具




曲がる金属

作業場に置かれた
曲がる金属でつくられた
トラ(?)なのかなぁ・・・


その後


地場産業センターに
場所を移し

「ぐい呑み」の製作体験を
させてもらいました


地域振興

こちらでもイケメンおにいさんが




ぐい呑み
               出来た作品はこれ


ホテルの部屋の照明で撮ったので
いい雰囲気に写ってます


この日は
この器を使って


ホテル(ニューオータニ)内の
日本料理のお店『都万麻』で
地産地消会席と「立山純米吟醸酒」を
いただきました


使った能作製の「片口」が
とっても素敵だったのに
撮るのを忘れた(汗


2016_01_26.jpg

ここでは
ささがき牛蒡のから揚げを
天盛りにした
ブリ大根

頂戴したような気も・・・?
これも写真忘れてマス

残念





高岡地域地場産業センターには

高岡銅器・漆器・彫刻・和紙など
いろいろなものが展示・販売されています

木目が素敵なお椀を
買いました


つづく







(旅日記)奈良から北陸への冬旅 1

1月23日(土)~24日(日)


例年5日のえべっさん
前後に帰郷していた
新年はじめての「お墓参り」を




今年は
「若草山の山焼き」に合わせて

ちょっと遅め



前日の天気予報では
西日本も荒れ模様とのこと

近くまで行って雪でも舞っているようなら
ムリをしないで次の機会にしょうと出かけました



と言うのも
霊園まではアップダウンのキツイ山道でもあるし
送迎バスはガタガタの古バスだし(失礼)
凍結でもしていたら・・・・      
怖いし




最寄り駅に着いたら
まぶしいくらいの陽射しに
風もなく
無事、お墓参りも済ませられました


その後は

近鉄電車で奈良駅に


ここからの
JR奈良駅までの下り道
まだ3時頃と言うのに
(6時から花火)


ぞくぞくと上がって来られる
山焼き見物のミナサマで
逆方向のワタシは歩きにくいこと
このうえなし(笑



JR駅前の
いつものホテルに
荷物を置いて


市内循環バスで
春日大社前まで


二月堂 
                        二月堂さん


:::


奈良公園では

午後6時の
花火打ち上げ予定の
時間になってから
あいにくの小雨(みぞれ)に

花火

写真はショボイけど(汗


実際の花火は
山焼き前に
短時間ながら間隔置かずの連発で
想像以上の素晴らしさ(綺麗さ)
なのです



ええやん!  奈良市



もと地元民(市民歴22年)も
目からウロコ




本番の山焼き

山焼き


雨で完全に焼けきらず
後日焼き直しに・・・


:::



翌日24日
日曜日は


京都から午後便の
特急サンダーバードで
芦原温泉駅まで行く予定が

近鉄京都に
           近鉄京都駅に「せんと君」



早朝の
サンダーバードから
ダイヤは
乱れに乱れておりまして



ワタシの取ったサンダーバードは
運休決定



それでも早い時間に
京都駅に
到着していたおかげで
遅れていた1台前の
サンダーバードに乗ることが出来て
ホッ!



ホテルの送迎バスも
少し到着の遅れたワタシを待っていてくれて
ホッ!

鯖江の駅で
                              JR鯖江駅
途中の鯖江駅でも
強風のため20分間臨時停車




大きな荷物を抱えて
右往左往の
後の


2016_01_24.jpg

『かに尽くし料理』


越前がに姿ゆで
かにと甘えびのお造り
かに炭火焼
かに天麩羅などなど

とっても
美味しくいただきました


つづく





sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle