(旅日記)南九州岬めぐりの旅  3

(2016・10月28日~30日)

10月30日(日)

三日目

いわさきホテル

三日目もよいお天気の
スタートです

ぜっかくて

それにしても
このホテル
デカくって古い豪華


広すぎてお風呂から
帰ってくるだけで
疲れる(笑



先に行った
南紀勝浦もそうだけど
こういう華やかな観光地が
賑わっていた



あの頃がなつかしい


車窓に

ホテルを出て
車窓から開聞岳を見ながら



今日は

薩摩半島最南端の

長崎鼻3

長崎鼻へ




さきっぽ

先っちょ目指して
今日は元気に歩きます


ぎらぎら


あんなところへ





灯台

灯台の横の階段を下り
まだまだ進みます




岩礁とみずたまり

岩礁や水たまりも飛び越え


ここが先っぽ

ここがホントの先っぽ!

目の前の岩礁には行くことは
出来ません



振り返れば

振り返ると

灯台と青い空




コース2



長崎鼻から枕崎に向う途中
開聞岳の裾野を通り


次に行くのは
テレビでもよく
めずらしい光景が取り上げられている



通称釜蓋神社(射楯兵主神社)

海の端に

入り江の岩礁が突き出たところに
鎮座する釜蓋神社のご祭神はスサノオノミコト
厄除け・開運にご利益があるのだけれど
そのお参りの方法が変っていて


釜の蓋を頭の上に乗せ
鳥居から拝殿まで落とさずに歩くと願いが叶う
と言われているのです




彼氏さんと

意外とこれが
むつかしく(特に女性は)
途中で落として
何度も挑戦!という画面も
アチコチで・・・・(笑





釜蓋神社で楽しく過ごしたあとは
この旅で最後の立ち回り先




♪港 別府 長崎 枕崎 ♪

枕崎で海の幸たっぷりな昼食を
いただきます♪


ここは鹿児島 旅路の果てか



森 進一さんも
(港町ブルース)
が歌ってるように




念願叶って
鹿児島の果て
まで来ましたぁ

枕崎漁港



枕崎漁港2
                          枕崎漁港







オマケ


試飲


展示品


さつま白波の新酒まつり





今回の旅は
おじ(イ)さまの琴線に
ビビッと触れた行程だった(岬めぐりが?)のか
めずらしく男性の参加が多くしかも年齢層高め!
男性11名女性7名の
小さな団体(最高齢86歳)で和気藹々と
楽しく過ごすことが出来ました





おわり






スポンサーサイト

(旅日記)南九州岬めぐり  2

(2016・10月28日~30日)





10月29日(土)

二日目

夜明けが

夜明けが遅いです





ほんのり

7時前になって
やっと
この明るさ





窓の外
海辺に


窓のそと

なんか居る


よ~~くみると

なんか居る

木の根っこデシタ(笑



:::

今日の行程は
南郷から
スタート


まずは
一時間程で到着の
都井岬へ


つづいて
佐多岬に


折り返して
根占港から
山川港に渡り


指宿まで・・・


コース2


この日は
朝食が7時スタートで

出発が8時!!

ワタシには
この余裕のなさは
ムリだろうな




案の定

カーブの多い
海岸線(日南)を
南下するバスの中で
少し気分が・・・・



それでも
1時間ちょっとで
日南海岸の最南端
「都井岬」に到着したときは
まだ大丈夫


御崎馬


お食事中
         お食事中で
                     ちっともお顔をあげてくれない





今回の目的のひとつだった
天然記念物野生馬「御崎馬」さんを
撮るのに夢中で


(気分が悪いのを忘れていた)



他にも
傾斜のある丘陵地や
丘の上では
たくさんのお馬さんを見かけたのだけど
近づいて行っていいものなのか
よくわからなくって写真を撮れず
残念なことをしました
(歩いて行ってもよかったらしい)




都井岬灯台



佐多岬が


記念に
お馬さんのストラップ


野生馬





この後に向かう
九州本土最南端
「佐多岬」



ガイドさんに寄ると
海岸線の道路が一部
工事中のため

山側を通ると言う
それを聞いたからと言う
わけでもアリマセンが
(笑


イッキにバス酔いが加速


佐多岬に着いたときは
ヘロヘロになってました(苦




佐多岬では

展望台
そこまで行く道路が工事中とかで
手前の駐車場からは
小型のシャトルバスで
岬まで行くことに・・・


工事中の山道を小さめなワゴンで
ピストン輸送って!


パスしました



開いた


ベンチに座って
     開いたおべんと

       美味しそうなのに
お箸をつける気になれなくて
残念!




:::




ツアーのみなさまが
戻ってくるまでの
小一時間



坂道下って海辺のほうに
ひとり散策♪


佐多岬2






佐多岬へ





佐多岬3


大隅半島
九州本土
最南端の海






ソテツの実





記念に・・・


記念に最南端の店

「本土最南端のお店」と
看板が出ていたお店も
パチリ




3時間強(一度休憩あり)の
都井岬から佐多岬までのバス旅で
ヘロヘロだった身体も
この一人散策
すっかり回復



ネコにゃん 



根占港(フェリー乗り場)への
戻り道では下り坂もなんのその


根占港から

3時ちょうどのフェリーで
鹿児島湾を対岸
薩摩半島・山川港に渡ります





船では誰でも

いいよねぇ♪
船では誰でも
ものおもいびと



大きなお舟も

おおきなお船も通りますぅ





約1時間で




今夜のお宿に到着


今夜のお宿に



いわさき


明日の朝は
9時出発



よかったよかった



つづく









(旅日記)南九州岬めぐりの旅 1

(2016・10月28日~30日)



10月28日(金)



一日目

博多駅で
九州新幹線「さくら」に
乗り換え

新八代駅で下車


新八代
                新幹線・新八代駅


 『八代の花火』に来たときは
熊本駅下車でしたので
はじめての八代駅です
明るく綺麗♪な構内




この旅のコース

コース

駅前からバスに乗り換え


今日の予定は
八代インターから
九州自動車道と宮崎自動車道で
清武まで行き

日南海岸(ルート220)を走ります


雨の

雨の新八代駅を出たバスにも




車窓から

日南海岸のフェニックスが
車窓に見える頃には
薄日さえ射してきました♪





青島神社に到着


青島神社 前景
                      青島神社全景(借り物)



島まで
歩きます
てくてく

青島神社へ


青島神社1

真っ青な空になりましたぁ♪




拝殿 
拝殿



全景では
広くひろがる
鬼も洗濯板と呼ばれる
岩礁も

鬼の洗濯板

満ち潮の時刻だったため

こんな感じ
(自然のチカラって凄い!)





海に吼える
          海に吠えてるみたい




怖い 






ワイド





堀切峠から
真っ青な海と空を眺めながら
次は




鵜戸神宮へ

長い階段の

長い階段の昇り降りの
先にあるのは




のぼりおりの


洞窟にかこまれた

洞窟の中の朱塗りの本殿





奇岩・怪礁の連なる海には
亀岩と呼ばれる岩が・・



亀岩

運玉!を買って
丸い囲いの中に投げ入れると
願いが叶うらしいけれど

そんなことには挑戦しません
(やらなきゃ失敗もありませんから)(笑


:::


今夜のお泊りは
南郷プリンスホテル


おしゃれー

オッシャレ―なリゾートホテル



窓から
サンルームから見える景色が
サイコー♪



お昼に

あゆや

いただきましたぁ





つづく






番外編1

10月31日(月)


えっ! これなに

まさか
ハロウィン
じゃないわね(笑




白波


旅の最終日

枕崎での昼食のあと


たまたま
(焼酎)さつま白波
の新酒まつりに
行き合わせて


予定外だったけれど
寄ってきたのです


ド派手な
イベントで
お客さんの数もハンパない
多さ
(イモ天のお店大行列!)


アイドル

アイドルの舞台も・・・



:::



ポーズをとってくれた
上の写真のお兄様方


(さつま)白波五人男のうちの
お二方なのでした


:::


2泊3日(10月28日~30日)
の短い旅だったけれど
行きたかったところに行けて
(雨だったら歩けてない)
充実の旅でした



しつこい旅日記(備忘録)も
書きます。







鹿児島へ

今日は指宿泊まり

指宿いわさきホテル

広すぎて疲れる





都井岬の野生馬「岬馬」さんの
親子に出会えました♪





志布志湾の向こうに見える佐多岬に行ってから

フェリーで薩摩半島に渡りました

良いお天気は嬉しいけれど
雨具と厚手の長袖しかバッグに入ってなくて
汗ダク


明日は枕崎でカツオを買って(笑
帰ります


sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle