東京・千葉へ年またぎの旅 3

1月2日(月)

よいお天気に恵まれた旅でした


朝8時に
ホテルを出発
皇居の
一般参賀に出かけます

(約1時間で到着)

都内に入っても
道路はそんなに混んだり
していませんが



すでに

皇居広場内の駐車場は
大混雑


皇居DJ





    手荷物検査を終えて



手荷物検査のあと
皇居前広場に整列


もうすでにたくさんの人が
並んで居られます


1回目が9:50


列は遅々として動きません
やっと動き出したのは
1回目の一般参賀がはじまった頃


いつもは眺めるだけの



石橋を渡って正門 



正門

石橋を渡り
皇居正門を抜け

 
二重橋から
 


二重橋をゆっくりと渡っていきます



2回目10:50の参賀では
ロープ内にはいることが
出来ましたが


お出ましの
天皇皇后両陛下のお姿は
米粒ぐらいしか
見えません


入れ替え式ではないので
2回目を前で見られた方々が
退出されるのを待って
徐々に前へと進みます


凄い人混みですから
転んだりしたら大変 

手ばかりで


上手く
前から5~6番目中央あたりまで
くることができました
持っている旗もバッグも手を離して 
落ちない程の混みようで
11:50まで立ち尽くして待ちます(泣



一般参賀 


くっきりすっきり
お姿を拝見することが
できました



参賀を終えて
楠公さんの銅像近くの
駐車場まで

戻るのがまた大変





途中


この

お馬さん達に出会って
一息



女の子は 




帽子


警備とかではなく
参賀者へのデモンストレーション的な
ものだったのかな








その後は
新幹線の時間に合わせ
銀座で自由行動となりますが
(和光前で解散)

三越前

3時間強の自由時間
いったい何をして過ごせばよいのやら・・・・。


PM8:20
新幹線で新大阪まで戻り


その後
余裕をみて
(余裕なんていらんかった)
30分後の「のぞみ」に乗り

自宅到着10時過ぎ


あああ   疲れた


どこで大声出したのでしょうか
家に帰ったら声が出なくなっていました


ううううっ









終わり







スポンサーサイト

東京・千葉へ年またぎ旅  2

1月1日(日)元旦

この日のコースは
明治神宮参拝~浅草散策~スカイツリー展望


明治神宮
お正月でないときに行きたいわぁ

浅草
何度も雷門までは行ってるけれど
あの仲見世とおりを歩くのは
一度で充分

スカイツリー
こちらも一度で充分
(じゃ東京タワーは?)(笑



・・・・・と
行きたくはないからパスをした
わけでもなく


どちらかと言えば
いつでも行ける(・・・ウッソー!?)からパスして
宿泊先だった千葉県に留まりました

成田ビュー 




と言うのも



千葉はワタシにとって
関東の中でも特に
馴染みの薄い県で
これからも行くとは思えない
土地


せっかく千葉に足を下ろさせていただく
機会を得たんだから
ここは
たった一日のうちの
それもわずかな時間であっても
この足で歩いてみたいと
この旅に申し込む時から
考えていたのです



地図をみて
JR成田駅から
簡単に往復出来そうな
ところを・・・・・

それで


なにかの折りに

川沿いの町並みを
我が観光地と同じ
照明デザイナーがプロデュースしたと
聞いていて
東西の川沿いの町並みを
両方歩けるのも幸せかなぁ・・・と


北総の小江戸
「佐原の町並み」へ行くことに
決めたのです

成田線で約30分



時間に余裕が出来れば
成田線を終点銚子まで行って
往復もいいなぁ考えていたけれど




どちらにおいても
ローカル線は同じ



列車は
1時間に1本しか走っておらず
しかも
送迎バスは列車が発車した直後に到着という
不運(笑



次の列車までの待ち時間




成田山 

元旦の
JR成田駅は
成田山新勝寺への参拝客で
ごった返しておりました
駅員さんは1時間ではムリでしょうと
言うので

初詣の雰囲気だけを味わいに
参道を少しだけ
ぶらぶら





田園風景のなか
佐原駅に到着

佐原駅

元旦だからでしょうか
観光客も少なめ
寂しいかぎり


佐原のまちなみwo 
                 お見せするほどの写真もなくて

 
えふしーに

1時間ほど歩いて
駅へ戻ると
またまた次の列車は50分待ち(笑




待ち時間で疲れちゃいましたが
2度と訪れることもないでしょう町を
しっかりと目に焼き付けて



銚子には行かずに
戻り列車に乗る





3時過ぎには
ホテルに戻り

ゆっくりと温泉に浸かり
(温泉がとってもエエのです)

6時に予約しておいた
ホテル内レストランのディナーを
楽しみました♪



2日
皇居一般参賀へ
つづく




:::



朝食時は


和服の
綺麗なおねえさんが

おみき 
お神酒のサービスを
してくれたのです


東京・千葉へ年またぎ旅 1

12月31日(土)
朝7時25分
集合



早い集合なので
徒歩5分のホテルで前泊
(それでもこの早さは辛い)


団体貸切列車と言うことで
新幹線駅の集合場所には
凄い人びとが集まっていた
(各旅行社合同の団体)


降車駅「新横浜」には
10時過ぎに到着

直ぐ先の
横浜中華街で
自由散策&昼食


関帝廟 
                                                                 関帝廟



約7年ぶりの
横浜中華街


中華街 



ご一緒してくれませんか・・・・と
同じく一人参加だった
(40~50代かな)


のちに
相当な不思議ちゃん

気付いた(遅)が・・・



ま  いいか!
旅は道連れ



2時間以上の
自由時間を経て

たいへんな人出だったから
食べ歩きではなく
お店で食事もするには
これぐらいは必要だった



昼食 
小龍包と
           イオンで気になっていた
            中に具材の詰まった焼きそばも
                      食べました♪






次は
横浜赤レンガ倉庫へ

レンガ倉庫


前回来たとき
車窓見学だったので
一度
中が見てみたかったの
です


どこにでもある
おしゃれな雑貨とフードのお店ばかり
なのよねぇ


食品サンプルのお店が
かわいかったけれど・・・

2赤煉瓦



海側はこんなに

綺麗


赤煉瓦海と空が




    海と空と船



青い海と空

と船






次に
行くのが東京タワー

東京タワー

タワーを買いに・・・(笑



前回来たのはまだ
現役さんのとき
(タワーが)

今回は純粋な
観光施設になって
おりましたが

東京タワー2

たくさんの人です

それもほとんど外国人
(・・・のような気がする)



タワー買って
アイス食べて

下界の写真撮って


 おなじ場所におなじ

夕暮れ迫る頃に
やっと


最後の見学地
お台場へ



湾岸 
                        東京都心






ダイバーシティ
           ダイバーシティ前



ダイバーシティ東京プラザで
少しおかいものを
して



フジテレビまで
てくてく
歩く


1フジテレビ 
     フジテレビ





ながい階段とながいエスカレーターと

エレベーターも(?)
(もう忘れてる)
使って



フジテレビ 
              だれ?




球体展望台
「はちたま」へ
球体


夜景はどこでも綺麗なものだけど
こちらでは

ダイバーシティ東京から
フジテレビへと歩いて行く

プロムナード


Hニッコー東京の
はるか向こうに
見えた富士山が
印象的だった
かな





富士山が 




クレーンも
キリンにみえて
かわいいよ♪


キリンクレーン 




元日につづく

sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle