(旅日記)下関あれこれ

5月29日(月)



今日は
久しぶりに
フローリングの拭き掃除と
押入れ整理


汗はだくだく
息はばくばく



そんなに暑くもなかったのにぃ・・・


明日明後日は
またまた30℃超えとか


:::


(旅日記)

5月19日


2日目に行ったところを
一挙掲載




まずは

赤間神宮
(安徳天皇を祀る神社)

赤間神宮2
            拝殿

      





赤間神宮1
                          水天宮




もともとは
8歳で祖母(平清盛の妻)に抱かれて入水した
安徳天皇を祀る
阿弥陀寺だったのを
神宮に転用したためか強い気の漂う
パワースポットだと言われています





赤間神宮


パワースポットであるとか
海からの強い気の正体は
平家の怨念であるとか
そういうことには疎い
(興味がない)
ワタシには




赤間神宮3

宮司さんのお話を聞きながら
目の前に見える「狛犬」さんが
気になる気になる




こまいぬ
             これイヌ





つぎに
赤間神宮より
徒歩圏内の昼食場所
「唐戸市場」へ


唐戸市場2





唐戸市場


隣接のカモンワーフにも
レストランなどがあるようですが

やっぱり
市場内の

市場の寿司

お寿司屋さんを経験しなくちゃ


エビフライも

エビフライも追加で購入(汗



みなさん

みなさん関門橋が見える
公園で唐戸市場で買った商品を
持って来て
お食事中


えび



この一郭には


下関水族館もあったのだけど


もう少し気がつくのが
早かったら
余裕で寄れたのに

残念



          ↓
2017_05_19.jpg 


食事を終えて

一度は体験したかった
人道トンネルを



歩いて
本州から九州へ
渡ります



人道トンネル2







    人道トンネル

九州側から来られた方と
すれ違い♪

たぶん九州側からは
上り坂が多いです



トンネル4







     人道トンネル3 




もっと時間がかかるのかと
思っていたら
15分程の距離でした



つかのまの九州上陸から
すぐに
関門橋で本州側へ・・・・




最後の見学先は


瑠璃光寺
(山口市)




瑠璃光寺 



西ノ京・山口

を代表する観光名所だそう



瑠璃光寺2 

       
たしかにこの五重塔(国宝)は
映像で何度か見た記憶が・・・




この後は
徳山駅から
新幹線に乗ります


本来なら
旅の集合はAM7:10
解散はPM22:10と



とても参加する気にならない
早朝出発の旅

だけど


途中乗車OKで
最寄り駅からなら
約2時間後の
AM9:25出発

帰りも20時には
最寄り駅に到着という
らく旅に




盛り沢山なツアー旅
だったけれど
しんどくならなくって

ホンマに
よかったぁ♪



おわり




スポンサーサイト

(旅日記)角島へ

5月27日(土)

やっと
冬のコートと春のコートを
クリーニングに出してきました




ついでに
併設のコインランドリーで
コタツ布団の上下
洗ってきました
乾燥機で温まった布団を冷ましてから
仕舞おうとベランダの竿にかけてますが
今日は風がキツイです

洗濯 





クリーニング屋(チェーン店)で
ちょっとしたことを
訪ねただけなのに

「なんでそんなエラそうな言い方するの」と
言いたくなるような
対応をされました 
(ええ年したオバハン店員に)

気分が悪いです


期限の切れていた会員カードを
更新してから
思い出しました(手数料500円)

昨年の今頃も
このカードの期限がきたら
更新しないで
絶対に他の店に替ろうと思っていたことを
(手遅れじゃん)



そうです
このチェーン店の店員さん
お年寄りに冷淡なんです
(自分ももうすぐ高齢者になるのにねぇ)

ぷんぷん


:::

(旅日記)


5月18日~19日


角島大橋


角島大橋1





角島大橋2





角島大橋3


おなじ場所を
少しずつ設定を替えながら撮ってみたら
微妙に海の色が違って撮れました

どれがホントの海の色
だった




自分が気に入った
1枚を残しておけばいいの
ですよね


角島大橋4


角島大橋5


空の色も違うわ








角島大橋6


角島大橋7


もうすこし高台にある展望台まで行くと
橋の全貌がもっとよく見える場所があるそうだけど
大型観光バスではムリな急坂があるのだとか





これだけ綺麗な光景が見られたら
もう充分です





朝散歩


朝散歩2

ホテルのプライベートビーチを
朝散歩♪





海際にあるこのホテル
部屋の戸を開けると目に
飛び込んでくる
この景色

部屋からの
海側の壁一面が
床までの一枚ガラス
(3F)


よる



(和室)お布団を敷いてもらっても
カーテンを引くのがもったいなくて
朝まで全開(笑


 






翌朝は

角島大橋


昨夕行った灯台
角島灯台=総御影石造りの無塗装の灯台
        歴史的文化財的価値Aランク


角島灯台


にもう一度行き
開館の時間を待って中にも登ってきました


灯台より




温泉も夕ご飯も印象に残らなかったけれど
この景色が見られるのは

このホテルならではとか




ホテルのビーチ




期待以上の
この景色が
遠い南の島に行かなくてもみられて
(と言っても東日本や関西(?)からは飛行機でびゅ~一っ跳びの南の島のほうがきっと便利)
ほんと幸せ♪






この後は
下関方面に行き

赤間神宮参拝
関門の台所・唐戸市場で昼食
下関側から歩いて九州門司へ(人道トンネル)
つかの間の九州から関門橋で本州に戻り
瑠璃光寺にお詣りして
この旅は終了


行きたかった
元之隅稲成神社・角島大橋だけでなく
山口の知らないところにいっぱい行けた
旅でした。



まだ
終わらないのです
(汗

















旅日記・元乃隅稲成神社

5月24日(水)

お昼前から
本格雨になりました
朝からジムに行っておいて
よかったぁ
明日も朝は雨のようだから・・・。


これでは
買物にも夕散歩(?)にも
行けそうにありませんから
昨日
途中まで書いて
下書き保存のままだった日記の続きを・・・。





:::




5月23日(火)

今日は2週間目の
耳鼻科診察
(ぼちぼち飽きてきちゃった)
(笑




えんどう豆
        ラインでお礼に送った
     携帯画像




「おいでませ山口旅」へ
出かける前日の夜

姉から
「エンド送ったよぉ明日は家に居てるかぁ」の電話
(送る前に電話しろよ!)(笑



せっかくの
「もぎたてえんどう豆」も2日後にしか
手に出来なかったけれど(…内緒)
それなりに美味しく頂戴できました
(預かってもらった)



タイミング悪っ


:::


(旅日記)

5月18日


やっと本命

元之隅稲成神社


元之隅稲成神社は古くからある神社ではありません
昭和30年に津和野(島根)の太鼓谷稲成神社から
分霊された神社なのですが


CNNが選んだ
「日本のもっとも美しい場所31選」に含まれていた
ので脚光を浴びることとなったようです
(鳥居は昭和62年から)




上(出口)から

横にある
道路(坂道)を下り






海側にある参道の入り口から
断崖に沿うように連なる鳥居を
高台にある出口へと目指します


123基 
  


入口1





ふしみ
最初は
伏見のお稲荷さんと
なんら変わりません




歩いて




だんだん急坂になってきました

だんだん坂に

まだまだ大丈夫
(息切れしてきました)






挫折

この階段を見上げただけで
もうムリや! 引き返そ
(ずっと先までこの急階段が・・・)



123基の鳥居が連なる参道を
全部くぐり抜けることは
出来ませんでしたが




入口2




横道から
話題の「日本一入れにくい賽銭箱」の
ある出口側の鳥居へ


お賽銭

上手く入ったのでしょうか・・・


がっかり

落ちてきたのを
探してます(?)


がっかり
(笑





卑怯モノですねぇ
他人様の失敗
を見て笑ってるなんて・・・。

<m(__)m>






角島夕陽

お泊りは
角島大橋の目の前に建つ
リゾートホテル





このホテルに泊まるコースを
選んで大正解!
でした。




続く
(^^ゞ















旅日記・萩城下町

5月22日(月)

朝からプール
今日も暑そう

昨日の最高気温は30℃だったよう・・・
今日は29℃予想とか

ひやし素麺

昨晩は
今年お初の
冷やしそうめんにしてみました♪



:::



(旅日記)

5月18日

萩城下町散策

萩は四百年前に毛利輝元によって
作られた三十六万九千石の城下町です



萩(山口県)と言えば
津和野(島根県)とのセットで
よく観光コースが組まれてるようですが
今回は萩だけ
(津和野も行ってみたいけど・・・)


萩の町

5月の
こんないい季節なのに
もうひと頃のような観光ブーム
(大河ドラマ『花燃ゆ』)は
去ったのかなぁ



松陰神社

それでも
松陰神社には
それなりの観光客が



:::


まず最初に
向かった
萩城下町は

武家屋敷と商人の住まいが
保存
されています


2017-05-22 16.45.12


江戸屋横丁には

高杉晋作や伊藤博文が学んだ
円政寺や


木戸孝允の旧宅(誕生地)

木戸孝允誕生


木戸内




蘭学医・青木周弼の旧宅等が




伊勢屋横丁

暑そう


の一画には

晋作公園

晋作広場が・・・





(日本の百選認定の美しい道)
菊屋横丁には

暑そうな


菊屋家住宅(重文)

(重文)菊屋家住宅が



それにしても
真夏並みの暑さ

陶器や

横丁の萩焼の店先も
ギラギラ




柔らかいベージュ色の素地に
白い釉薬がけが特徴の萩焼
(枇杷釉もある)

萩焼

店頭の笊に盛ってあるような
廉価な小皿をひとつ買いました



それでも
貫入の入り方がひとつひとつ
違います
どれにしょうかひとしりき悩んで・・・

(昨夕の写真の小皿がそれです)




夏みかん

萩は夏みかんの町でも
あります
店先にはミカンの袋がいっぱい
安い♪でも重い



城下町ぶらぶら
のあとは
バスに乗って
少し離れた松陰神社・松下村塾に
向かいました


松陰神社2


松陰神社でお詣りをし




奥に進んで行くと

松下村塾


松下村塾2

松下村塾があり




囚われの身となって
江戸伝馬町に投獄されるまでの
一時期
自宅幽因となった


その
松陰幽因の宅と

松陰幽閉の宅


幽因の間

幽因の間


などを見学の
のち




次は

123基の鳥居が並ぶ
絶景
元之隅稲成神社へと
向います








 
















旅日記・秋吉台

5月21日(日)

なんなんでしょう
この暑さ

部屋に居ると
気温26,3度 湿度43%と

さほどでもありませんが
1歩 外に出ると
ムァア~ンとした空気が・・・
きっと30℃超え
したことでしょう。


:::

(旅日記)



5月18日(木)



秋吉台は

秋吉台

三億年前は海だったと
言われる
広大な草原地に
石灰岩柱を有する
日本最大のカルスト(石灰岩)台地



もともとは
飼育用草の刈リ場として
使われていた草原だったけれど
近年は景観を守るため
毎年2月には山焼きを実施されるよう

地元民の
観光バスドライバーさんは
人手不足のため
この草刈り・山焼きにもボランティアで
参加したけれど
大変な労力が必要で
いつまでこの景観が保てるのか
心配だとおっしゃってました


あだち


まるで足立美術館の庭園のように
撮れちゃった
・・・・・よく言うわ(笑





あだち
            足立美術館庭園     2011.5・19写

やっとの思いで
古い写真を探したら
ぜんぜん似てませんでしたねぇ(汗
手前の木が逆でした






それにしても

空の色が


雲ひとつない碧い空

思ったら






なにか

あら

もくもくと沸く白い雲



そして
この写真にも
なにか過去の記憶が・・・ふつふつ




これでした!


桜島
                桜島  2011・11・26写



こちらも苦労して
探したのにぜんぜん違いましたネ

(なんとなく構図が似て・・ないかっ!)






だけど
記憶とは違っても
こんな写真撮ったなぁ・・と
過去を思い出せるのは

自分自身にとっては
とてもよいことのように
思ったり・・・


まだまだ大丈夫だね


ワタシ(笑


小道には
      





たったこれだけのことを
書くにも


過去日記をさがして
アチコチふらふら
(笑



明日は
萩の町ふらふらへ・・・・。























sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle