FC2ブログ

昨日は・・・。

1月29日(火)

朝からカットに

いつものおにいちゃんは居なくって
はじめての女性にしてもらった

自分でも好きな髪形になったけれど
次回に行ったとき
この女性がいるとは限らない
(ひま「暇」そうな店なのでスタッフがころころ替わる)



昨日は1月のお誕生会だった

いまに

先月より
見た目が格段に悪いなぁ

メニュー
雲丹入り茶わん蒸し
蟹おこわ
手造り飛竜頭の煮物
根菜たっぷり白味噌仕立て
etc
だったけれどなぁ・・・
(メーンのブリ大根も美味し)

いまさん  


トナリに座った方は
昨年7月の
真備町の水害被災者だった


2階まで水で浸かったけれど
ゴムボートの助けがあって
九死に一生を得たと
言っていた



40年前に夫を亡くし長い間の一人暮らし
(80代?)
避難勧告が出ても
まさかこの災害の少ない地で
あんなことが
起こるとは想像しなかったと
おっしゃっていた

これはテレビでも盛んに言っていたことだけど
この地でこれだけのことが
あるハズがないと楽観していたということで
避難されなかった人が多かった

らしい


ばーさん
今も
夜にひとりポツンといると
あの時の恐怖がよみがえるけれど
足も悪いし
あんなことが
もう一度あって
避難と言われても
どうしたらいいんだか・・の一言が
胸に迫るけれども


:::


こんな話を聞いても

ここは大丈夫!
川は傍にないし
平坦地やし・・・と
まだまだ楽観的な考えを
話す
ワタシなのでした


とんでる
 
ぽっかり浮かんだ雲が
もこもこワンコの・・・・。





スポンサーサイト



転ばぬ先の杖で・・・。

1月27日(日)

「転ばぬ先の杖」に
けつまずいて怪我をした

yjimageT0L7KZGM.jpg

なんで
なんでしょう
(笑

自転車のペダルに
ぶつける

プールの端っぽで
ひっかかる

今回は杖の先に思いっきり
ぶつけ

目から火花

IMG_7276.jpg
  この部分に生傷が絶えない



街を歩いてる途中だったので
痛みを我慢
そ知らぬ顔で自宅まで
帰って来たものの


靴下を脱ぐと
ひっかき傷と青染みと血が・・・


くるぶしは
少し出っ張っている
といえども
常時ここだけ怪我が絶えないのは
なんで
しかも左足に集中

:::

せっかく買ったので
早く慣れようと
杖を持って
一人歩きをしているけれど

杖が邪魔ダ!



飽きずにミカンジュース

今日も飽きずに
愛媛産みかんジュース♪





極寒の日・・・。

1月26日(土)

ジムに行こうと外に出たら
寒いこと×2

極寒だなんて大袈裟
だけど
こちらにしたら
ちょっと
極寒

(最高気温が10℃割れは初めてかも)


雪もちらほら
舞ったりした観光地

002.jpg

   
雪は
見えてないなぁ

冬ライン


昨日は
イオンお買い物ツアーに
連れて行ってもらう


いつもは駅前まで自転車で行き
イオン行きのバスに6分ほど乗り
帰りはその逆コース
で帰る

けれど


こちらでは月に2度
イオンへの送迎があって
door to door で10分ほど
(往復¥300)


これからは
寒いうちは(暑いときも)これに
頼ろうかなと思ったりして・・・



昨日はワタシ以外は
全員(と言っても3人だけど)
手押し車のメンバーさん


そのうちの一人のじいさまは
ほんのこの前までは下のフロアで会ったら
ウインクはするし
3~4年前までは娯楽室で卓球をしてると
必ず部屋に入ってきて話しかけるし
よくメールを送ってきたりする
元気じーさん
だったのに


しばらく見なかった
うちに
急にヨボヨボになっておられた

わりと親しくしていた
一人なので
こういうのは
見てられないなぁ

年老うって
そういうことなんだけどねぇ

この住まいは
そういうのを見る機会が多い
ゆえ
ときに

やりきれない思いに
とらわれて・・・。





2019-01-25 18.28.37
         イオン歩きの歩数




さあ
週明けには
でかけよう







いろいろ・・・。

1月24日(木)

住まいの近くに
小さなパン屋さんが開店した

ジムの帰り道
塩パンとクリームパン

そして
揚げてない
スパイシーカレーパンを
買った

カレーパン

お昼ごはんに食べてみた
(旨い!)

:::

若い夫婦が二人でやっていた


クリームパンも
美味しかったし
店頭に並んでいた
他のパンも一度は買ってみたい
品揃えであったけれど

大丈夫かなぁ
場所悪過ぎへんかなぁ

おせっかいだけど
ちょっと心配

ライン2

(懐古趣味)

最近お昼12時から
BSフジで
はじまる
クイズ脳ベルSHOWにハマっている


リアルタイムの番組は
毎日夜10時に
あるようだが
これは昨年に放送のあったもの
の再放送


クイズもレトロなら
回答者もレトロ(これこれ

因みに今週の回答者は
城みちるさんに
二木てるみさん!

イルカに乗った少年も60歳だって
こういう年齢層の4人の回答者が

昭和の出来ごと
昭和のヒット曲(平成の初期の頃も)などを
クイズ形式で答えていくのだ


今日は
アン・ルイスの
♪グッド・バイ・マイ・ラブ



知っていることが多くって楽しめるし
最近ますます募ってきた懐古趣味も満たされる
いい番組だ

:::

古い2時間ドラマの再放送に
過去の時代劇

BSのテレビ欄を見ると
昼も夜もこういう番組が目白押し

それだけ需要があるということでしょうねぇ
(ジジババさまに・・・)
(笑


ライン2

この前の
まだ明るい
夕方ごろの白い月


「夕まぐれの月」というそうだ
70年も生きてるのに
知らなかったなぁ
(恥



薄気味悪い空

これは一昨日に
ウォーキングポールを持って
近くを歩いていた時の空
黒い雲が不気味



歩数が知りたくて
首に吊っているスマホで
撮ってみた
(重くて肩がこる)




私鉄沿線・・・・。

1月22日(火)

昨夕4時過ぎに
パソコンをクリック

買いました

今朝の9時には届いてた
これなら店頭で買って配達を
お願いしたのより早く届いてない?
すごいねぇ


ライン2

最近
気づいたら

野口ゴローちゃんの

「私鉄沿線」を
口ずさんでいるのだけど
何故だろう

♪改札口で君のこと
いつも待ったものでしたぁ

ここばっかし(笑


たまに


あの店で聞かれました
君はどうしているのかとぉ♪

ここも(笑



野口五郎さんのテレビを見た覚えもないのだけれど
きっと見たんだろうなぁ


不思議
(思い出した!後日)


親指族!


ひょっとして
BSのクイズ番組でみたのかも

これもそう

親指族

携帯電話にメール機能がついて
(はじめは通信オンリーだったよ)
メールを打つとき若い子たちが
シャカシャカと早打ちするのを
なんと言うか・・・これが問題


答えは親指族だって

そういえば

今のスマホを打ってる子達も
親指でシャカシャカ

おやゆび

ワタシは自分がガラケーや
新しいスマホで
どの指で打ってるのか
気にしてなかったけど

(ほとんどPCのキーボードで打ってるから)



やってみると
右手の
人差し指で打っていました

ぽつぽつぽつ・・・おそっ!


親指で連打なんて出来ないわぁ
(指が太すぎて)
(笑


003.jpg

一昨日の「胡麻豆乳鍋の出汁」が
(パウチパック)
一人鍋では使いきれず
一日置いてまた使いました
今度は石狩風に・・・
冷凍ささがきごぼうと
昨年買って使うのを忘れていた
青森せんべい汁用の
せんべいも入れて・・・
旨旨
でもなんか白っぽくて
不味そうに見える

次回は冷凍ホウレンソウでも
入れてみるべぇ
(爆



はるみちゃん♪・・・。

1月20日(日)

朝から雨
(午後には止んだ)


眠いわぁ
昨晩11時半近くまで
テレビを見ていて
それから
もう少しで終わる
時代小説を
最後まで読んだから

2019-01-20 08.29.49
朝から傘さして
図書館に返しに行って
稲葉稔さんをまた借りてきた

今度は
影法師冥府おくりシリーズ






家政婦は見た

子猫の名前がはるみちゃん
都はるみさんを意図して
つけていたように思うけれど…

どうだったかなぁ

家政婦の秋子さん

はるみちゃん♪と呼ぶ声は
甘いが


そのはるみちゃんを
扱う手先が荒っぽいと言うか
雑と言うか
(笑

テレビを見ながらよく

あのひと
ホントは猫が嫌いなんちゃう
とか
あの手の離しかた見ると
どうも
猫が怖いんちゃう

とか
よく夫と言ってたのを

まさに
この再放送テレビで
目にしました

そうコレコレ
(笑






今夜もあるのよねぇ
眠いわぁ

一人鍋
今季はじめての
一人鍋

鍋を食べたい気温じゃなかったけれど
白菜が草臥れてきたから・・・。






困ったことそれは・・・・?

1月19日(土)

人見知りというのでも
ないけれど

人付き合いは苦手なほう

夕散歩
                   冬枯れの公園


こちらに入居した当初は
それなりにイベントにも
日帰り旅にも
参加していたけれど

それこそ井戸端会議的なものにも
(笑


さいろ
              アレレ

でも

どこにでも
そういう方は
いるんだけど

他人の悪口しか言わない人
知ったかぶりで
ホントか嘘かわからないことを
得意げに話す人


お月さんが
    昼間のおっ月さんが・・・



その付き合いがイヤで
いつのまにか
どんな行事にも参加しなくなった


けれど


古希を機会に
毎月のイベントにも参加しようと
決めた



コーラスやカラオケ
書道にお琴、囲碁
そんなものは勧められても
できないのだけれど



ポールウォーク
(ノルディックウォーキング)は
出来そうな気がして参加した


早速
若く見えるけど歳いくつ?

とズケズケ聞いてくる
オッサン!


お茶しようと誘われて
ワタシのおごりだと
全員の分をチケットで払う
オバさん!


の洗礼を受ける

これが困るのよねぇ
割り勘にしてくれないと

悪気はないんでしょう
(モチロン親切心でしょうが)
次回からのことを思うと
早くも今からウンザリ


              

そして過去に
大浴場でいつも一緒になり
陰口しか言わなかった
スポーツウーマンな
オバさん!も健在

歳を重ねても(10年)やっぱり昔の
性格のまんまだった

 
さざんか
           鮮やかな一枝



年寄りの付き合いも
なかなか
苦労だよ


ミナ元気だから
(笑




いろいろ・・・。

1月17日(木)

今日は
阪神淡路大震災から24年
早いもんだわ

お正月も


あの大きな揺れから
もう24年も経つなんて


ライン2

昨日は
その兵庫県
学生時代からの友人と
久しぶりのおしゃべり




電話で1時間は
さすがに疲れたけれど
切ろうとするとどちらかが


新しい話題を思いつき
なかなか切れない

まあ言っても
年に2~3度しか話さないので
話題がいっぱい!



でも
去年と同じことを
また言ってる気が
しないでもない
(笑


ライン2




今日は

午後から
ノルディックウォーキングなるものに
参加した

歩く かりもの



スティックを持って歩くって
意外にムツカシイものだ


さっそく
ベテランおば(あ)さんから
クレームがついた

のるで
                  かりもの


背筋をのばして
歩幅を広げて・・・


は~~~~い


当分
続けてみようかな

まあ
我がままな
ワタシのことだから
いつ挫折するか
わからないけれど・・・


膝にいいかな・・・と思ったりして。



狭い玄関で


お正月の片づけも
中途半端のまんま











毎月15日は・・・。

1月15日(火)


昨日と
打って変わって
曇り空で始まった1日


10時になっても
明け方の薄暗さ


(午後に少し晴れ間)


今日はジムがお休みの日
イオンさんでは
55歳以上が5%offの日

でも行かな~い


冷蔵庫のアレコレを
減らさなきゃ



曇天だけど
昨日30%offで
買ってきた
無印の3重ガーゼ?掛け敷き
寝具カバーを洗った

買ったらまず洗う

下着はモチロンのこと
包装をしていないものを
買った時は
つい洗ってしまって失敗する
(笑


カバー
           (写真は明るく写りすぎてるかな)

この掛布団カバー
無印のHPでは
買った方が
もう少し明るい色の方がよかった
と書かれていたけれど

そうだねぇ
ちょっと暗すぎるかもね


でもワタシは
ダークな色合いが好き

以前も
亡き夫から

寝具カバーぐらい
もっと明るい色にしようよ
オレの布団には
そのうっとしい色の
えっ!
カバーを掛けるなっ




と怒られ
夫用に別な(ど派手な)
掛けカバーを買い直したことを
思い出した


最近はなんかねぇ
こんなふうに昔のことばかり
思い出しちゃう
年だねぇ(泣笑




買い物に行かないつもりが
近くのドラッグストアに・・
なにかしら足りないモノが出てくる

とほh





姉さんかぶり

1月14日(月)祝日

今日のこちらは
3月の気温とか・・・
最高気温13℃(予報)


もう少し暖かいかもしれません
窓からカーテン越しの陽射しに

カーテンごし


窓を開けてみると
洗濯もの
の向こうに
ブランコに乗る父子が

おやこ   

  

夕方まで
網戸のままにしていても
寒くなかったが
こんな陽射しは
今日だけ

ライン2



自分の記憶と
のちに母から聞かされたことが
混ざっているかもしれないけれど


ワタシは生まれて間もないころから
幼稚園にあがる頃まで
母の実家に預けられていたことが
多かったのです

父が終戦直前に職を辞し
生活に困り
母も働いていたから

幼稚園に入学するころには
生活も落ち着き
家に戻り
大正時代からあるという
私立の幼稚園に入れてくれましたが


ワタシは預けられていた
農家ばかりの村で
両親と暮らしていれば出来なかった
忘れられない
いろんな経験をしたことを
今では感謝
なのです



これもその一つ
母の実家は
じーさんを早くに亡くした
ばーちゃんと
母とは10歳も歳の離れたおじちゃん(弟)が
暮らしていました


その時代は
雪国から出稼ぎのお姉さんたちが
田植えに来てくれていたのですが

ばーちゃんの家に来てくれた
この雪国の
雪のように色白な姉さんかぶりの
美人さんに
おじちゃん(‥と言っても当時25歳の独身)が
恋をしちまったのですねぇ


たぶんだけど
こういうことは絶対にあってはならないことと
決めごとがあったのかどうか

それとも
この美人さんがおじさんのことをなんとも
思っていなかったのか
そのへんのことはあいまいなのだけど


これに気づいた
ばーちゃんや母や親戚筋が
大慌て

早く嫁をもらわにゃならん・・・と
隣村に出向き
とんとん拍子に話が決まり
お嫁が来て
ばーちゃんも母も
やれやれ一安心なんだけど



その頃
おじちゃんの机の中には
直立不動で緊張のおじちゃんと
うつむき加減で姉さんかぶりの〇〇さんが
寄り添って写った写真がしっかりと
仕舞われてるのを

しゃしん  

ワタシは見た




長じてから
母にこの写真の話をしたら
実は
あの時の出来ごとは
こうだった
と教えてくれたんだと
思う



sidetitleカレンダーsidetitle
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle