旅日記・萩城下町

5月22日(月)

朝からプール
今日も暑そう

昨日の最高気温は30℃だったよう・・・
今日は29℃予想とか

ひやし素麺

昨晩は
今年お初の
冷やしそうめんにしてみました♪



:::



(旅日記)

5月18日

萩城下町散策

萩は四百年前に毛利輝元によって
作られた三十六万九千石の城下町です



萩(山口県)と言えば
津和野(島根県)とのセットで
よく観光コースが組まれてるようですが
今回は萩だけ
(津和野も行ってみたいけど・・・)


萩の町

5月の
こんないい季節なのに
もうひと頃のような観光ブーム
(大河ドラマ『花燃ゆ』)は
去ったのかなぁ



松陰神社

それでも
松陰神社には
それなりの観光客が



:::


まず最初に
向かった
萩城下町は

武家屋敷と商人の住まいが
保存
されています


2017-05-22 16.45.12


江戸屋横丁には

高杉晋作や伊藤博文が学んだ
円政寺や


木戸孝允の旧宅(誕生地)

木戸孝允誕生


木戸内




蘭学医・青木周弼の旧宅等が




伊勢屋横丁

暑そう


の一画には

晋作公園

晋作広場が・・・





(日本の百選認定の美しい道)
菊屋横丁には

暑そうな


菊屋家住宅(重文)

(重文)菊屋家住宅が



それにしても
真夏並みの暑さ

陶器や

横丁の萩焼の店先も
ギラギラ




柔らかいベージュ色の素地に
白い釉薬がけが特徴の萩焼
(枇杷釉もある)

萩焼

店頭の笊に盛ってあるような
廉価な小皿をひとつ買いました



それでも
貫入の入り方がひとつひとつ
違います
どれにしょうかひとしりき悩んで・・・

(昨夕の写真の小皿がそれです)




夏みかん

萩は夏みかんの町でも
あります
店先にはミカンの袋がいっぱい
安い♪でも重い



城下町ぶらぶら
のあとは
バスに乗って
少し離れた松陰神社・松下村塾に
向かいました


松陰神社2


松陰神社でお詣りをし




奥に進んで行くと

松下村塾


松下村塾2

松下村塾があり




囚われの身となって
江戸伝馬町に投獄されるまでの
一時期
自宅幽因となった


その
松陰幽因の宅と

松陰幽閉の宅


幽因の間

幽因の間


などを見学の
のち




次は

123基の鳥居が並ぶ
絶景
元之隅稲成神社へと
向います








 
















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山口の思い出は秋芳洞のみ!昔は小郡という駅名でした。あとはご縁なし。
たぶん、長州嫌いじゃけ~です(笑)
しかし、沖縄並みの青さは凄いですね。言われなきゃ間違えそうだわ。

ニコミナさんへ

そうなんですかぁ
小郡はワタシにとっても実は
若い日の思い出深い土地それが
新山口などと愛想のない駅名になっちゃって・・・。

見学先が多いせいで、どの見学先も
通り一篇になって秋芳洞への入洞はなし(泣

次はやっと本命「元之隅稲成神社」を載せるから
飽きずに見てねぇ。
sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle