(旅日記)下関あれこれ

5月29日(月)



今日は
久しぶりに
フローリングの拭き掃除と
押入れ整理


汗はだくだく
息はばくばく



そんなに暑くもなかったのにぃ・・・


明日明後日は
またまた30℃超えとか


:::


(旅日記)

5月19日


2日目に行ったところを
一挙掲載




まずは

赤間神宮
(安徳天皇を祀る神社)

赤間神宮2
            拝殿

      





赤間神宮1
                          水天宮




もともとは
8歳で祖母(平清盛の妻)に抱かれて入水した
安徳天皇を祀る
阿弥陀寺だったのを
神宮に転用したためか強い気の漂う
パワースポットだと言われています





赤間神宮


パワースポットであるとか
海からの強い気の正体は
平家の怨念であるとか
そういうことには疎い
(興味がない)
ワタシには




赤間神宮3

宮司さんのお話を聞きながら
目の前に見える「狛犬」さんが
気になる気になる




こまいぬ
             これイヌ





つぎに
赤間神宮より
徒歩圏内の昼食場所
「唐戸市場」へ


唐戸市場2





唐戸市場


隣接のカモンワーフにも
レストランなどがあるようですが

やっぱり
市場内の

市場の寿司

お寿司屋さんを経験しなくちゃ


エビフライも

エビフライも追加で購入(汗



みなさん

みなさん関門橋が見える
公園で唐戸市場で買った商品を
持って来て
お食事中


えび



この一郭には


下関水族館もあったのだけど


もう少し気がつくのが
早かったら
余裕で寄れたのに

残念



          ↓
2017_05_19.jpg 


食事を終えて

一度は体験したかった
人道トンネルを



歩いて
本州から九州へ
渡ります



人道トンネル2







    人道トンネル

九州側から来られた方と
すれ違い♪

たぶん九州側からは
上り坂が多いです



トンネル4







     人道トンネル3 




もっと時間がかかるのかと
思っていたら
15分程の距離でした



つかのまの九州上陸から
すぐに
関門橋で本州側へ・・・・




最後の見学先は


瑠璃光寺
(山口市)




瑠璃光寺 



西ノ京・山口

を代表する観光名所だそう



瑠璃光寺2 

       
たしかにこの五重塔(国宝)は
映像で何度か見た記憶が・・・




この後は
徳山駅から
新幹線に乗ります


本来なら
旅の集合はAM7:10
解散はPM22:10と



とても参加する気にならない
早朝出発の旅

だけど


途中乗車OKで
最寄り駅からなら
約2時間後の
AM9:25出発

帰りも20時には
最寄り駅に到着という
らく旅に




盛り沢山なツアー旅
だったけれど
しんどくならなくって

ホンマに
よかったぁ♪



おわり




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle