今日のこと+旅日記

暑いです
  ・・・は大袈裟だけど

駅前の銀行さんまで月末記帳に
ダウンを着て出かけたら汗が出ました


観光客のみなさまも
上着を手に持って薄着に
なっておられました


今日は朝からも
久しぶりにアクアウォークに
参加してみました

思ったほど水が冷たくは
感じなかったので、しばらく
がんばる!(・・・つもり)



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

カンボジア2日目午後


中華料理の昼食を済ませた後は
ホテルに戻って休息
    ・・・・この日の気温最高32度最低21度



15:00から
アンコールワットに向いました


     アンコールワットへ

環濠に掛けられた陸橋の前で
『パス』のチェックがあります



アンコールワットは

 アンコール遺跡の一つで遺跡群を代表する
 寺院建築
 30年の年月をかけて建立された、その
 美しい彫刻はクメール建築の傑作と
 讃えられている


 アンコールワット3

聖池の水面に写る堂宇
     ・・・・この日は堂内・第1回廊から第3回廊までの
         見学がメイン
         4日目に中央祠堂と前の聖池の蓮の写真をじっくりと
         撮りました


アンコールワット1


 第3回廊の急な

第3回廊への急な階段は見上げるだけでも
ぞっとするもの
でもここまで来たからには登らなきゃ・・・

降りるとき前の女性が真ん中あたりで
立ちすくんで(座り込んで)しまい
手すりをブルブル動けなくなってしまって


後ろのワタシは大弱り


アンコールワット2

第二回廊



          回廊




 彫刻







夕刻になって

こんどは夕日の観賞に
プレルーフへ・・・・


   プレルーフからの夕日

予想していたのとは違いました


   アンコールワットに夕陽1

こんな風なのがプレルーフから見えるんだと
勘違いしてました
    ・・・・これはアンコールワット内を散策
        していて撮った画像


森の向うに見える夕日を見るために
実はここでも


  プレルーフへの急な

こんな急な階段を登らなくては
なりません


  プレルーフから

プレルーフから下を見る

足に自信のない方は残念そうに見上げて
おられましたが、ムリして上がるほどでは・・・



この日の夜は
宮廷舞踊アプサラダンスをみながらの
ディナーでしたが・・・・

大盛況なのと
照明の暗さに


ビッフェの料理がイマイチ
よくわかりませんでした



      ビッフェ


    アプサラ

なかには中学生の子もいると
いうアプサラダンス





明日は
発見当初のアンコールワットを
彷彿とさせる密林の遺跡・ベンメリアと


バンテアスレイへ・・・



蓮の花


お昼に頂くのは
クメール料理・・・・ココナツジュースが
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle