清水さんへお花見に

昨日の月曜日(頑張って!仏滅克服)ばんざ~~い
清水寺に行ってきました♪

いつものように
9:00発

相生行きで


 おニュー お手製

      おニューの靴も足慣らし・・・痛っ


京都駅
12:30着


        京都駅


市バスは長蛇の列  とほh

満員バスに揺られながら

五条坂バス停到着
  (・・・20分ぐらい?)


みなさんのうしろを歩いていきます  
   ・・・まあこれだけたくさん居たら
      道に迷うことはないでしょ



茶わん坂
                      空いてるぅ

こちらが近道の標識が出てるほうに
歩いていきます=茶わん坂



   清水寺

仁王門へ


     清水坂

仁王門の正面まで来て
振り返りましたらば・・・えらい人です!清水坂からの参拝客が



     本堂で

まずは御本堂にお詣りして



        お線香

お線香頂いて



   舞台から

清水の舞台から飛びおr・・・・
     (正面に見えるのが子安塔)



   舞台から音羽の滝

音羽の滝あたりを見て・・・・




解体修理中の奥ノ院・阿弥陀堂を横目に
子安塔方向に向かいますと・・・


舞台がよく見えてきます



舞台

さすがに400年の年期もの

   桁

そんなにたくさん
大丈夫!って・・・・・



散りまえ

この2~3日で・・・



   記帳

今年の桜も見納めでしょうか



        エフ 子安

こちらは昨年
綺麗に修復が終わりました『子安塔』到着です



         今日が



            池

ぐるりと1周まわって



戻って

もとの仁王門へ・・・・

  いちだんとお花見&参拝客が増えてますぅ



          境内図




ちょっと時間的には早かったし
途中のバスの駐車場には、
ここから円山公園まで1キロですよぉ
と・・・・


惹かれる案内標識もありましたが
いやいや今日は清水さんだけ!


と誘惑に打ち勝ち(爆



てくてくと
今度は大賑わいの清水坂を
お土産物屋さんをキョロキョロみながら
降りてきました


バスの通る道まできましたら
やっぱりココでも長蛇の列
   ・・・・早め早めがちょうどよい


2~3台待ちでバスに乗せてもらい

駅構内で『お花見折詰』を買って(・・・今頃)

お買いものは・・




家に帰って食べました

地元駅到着19:47




清水寺に

『平成の大改修』で奥院も阿弥陀堂もシートを被って
おりましたが次には本堂・舞台の改修が控えてます
全部が終了するのは平成31年とか・・・・


本堂・舞台を今のうちに見ておけて
ホンマによかった
     ・・・・そういうことはぜんぜん知らなかったけど







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle