(旅の記録)お彼岸で・・・9月21~22日



9月21日(日)

いつもお世話になる駅前ホテルが
簡単に取れました(・・・飛び石連休だから?)


しかも高齢者(泣)特別料金で・・・



お墓参りは
コース的にスムーズに動けるのは
翌日の帰りに私鉄に乗って途中下車して
お参りするのが
一番良いので今日の予定は



ホテルにチェックインのみ
急ぎません



ゆっくりの自宅出発

お昼ちょっと前の列車に乗りました

列車 



ホテルに着いて
元気が残ってそうなら
  (・・・・このぐらいで疲れていては情けないですけど)


前回の帰郷で気がついた
「若草山夜景観賞バス」に乗ってみようと・・




ぜんぜん大丈夫でした
  (・・・・なぜでしょう、クシャミもハナミズ止まってます)


まずはホテルの天然温泉で
汗を流し
(ホテルのお風呂でネタ見つけ♪ )



その後
バスの出発時間までに夕食を済ませようと
駅ビル1階で看板が気になってた(笑

看板

大仏うどん(・・・ってなに)

大仏うどん

をいただきました

手打ちうどんに(・・・関西のうどんには腰はありません!)(笑
牛肉の甘辛煮、揚げさんの炊いたん、海老天、茄子天、地元野菜に
わかめに梅干しと大葉など、具材が盛り沢山♪


美味しいおうどんでしたが・・・ワタシには


ぬるいっ 
         ・・・・猫舌さんにおすすめ


熱いうどんをフーフーしながら
食べるのが好きですのに

:::


夜景バスの乗り場へ
 


一人やったらどうしょう
こんなんに誰か行くヒトあるのかなぁ・・・・と


心配半分で歩いていきますと


ふるさと奈良に

人一倍愛情も愛着もあるくせに
なぜか、こういうことではぜんぜん自信がなくって
                (・・・失礼なやつデス)




まだ1時間も前ですのに行列でした
       (・・・う  ウソ!)\(◎o◎)/!


旧JR駅舎



つぎつぎに行列の方々も増えてきました


出発時間には立ち席の方まで居たのですが
次の停留所でバスが二台に増え
立っていた方も座れるように・・・・・



このあたりの気配りご親切ですよねぇ

20分程とは言えカーブの多い山道を走行するの
ですから





ワンコイン(500円)で新若草山ドライブウエー(有料)で
若草山・山頂を往復


しかもバスガイドさんの道案内とガイド付き
     ・・・・記念のお写真撮りましょか?の優しいお声も)


生駒山が


セルフで 


きれい


約30分間

子供の頃からの
住み慣れた奈良市街地の夜景を
堪能させてもらい


夜道 



ホテルまで 帰りました
  (・・・バスを降りたところのスーパーで

:::


9月22日(月)

翌朝も出発までの時間

ユックリと朝風呂もいただき

地場産のお店で旬の柿と梨を求め

無事、夫のお墓参りも済ませ

夕方早くには自宅へ戻りました






一番の目的は
お墓参りそれとも夜景



ごめん 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle