(旅日記)奈良から北陸への冬旅 1

1月23日(土)~24日(日)


例年5日のえべっさん
前後に帰郷していた
新年はじめての「お墓参り」を




今年は
「若草山の山焼き」に合わせて

ちょっと遅め



前日の天気予報では
西日本も荒れ模様とのこと

近くまで行って雪でも舞っているようなら
ムリをしないで次の機会にしょうと出かけました



と言うのも
霊園まではアップダウンのキツイ山道でもあるし
送迎バスはガタガタの古バスだし(失礼)
凍結でもしていたら・・・・      
怖いし




最寄り駅に着いたら
まぶしいくらいの陽射しに
風もなく
無事、お墓参りも済ませられました


その後は

近鉄電車で奈良駅に


ここからの
JR奈良駅までの下り道
まだ3時頃と言うのに
(6時から花火)


ぞくぞくと上がって来られる
山焼き見物のミナサマで
逆方向のワタシは歩きにくいこと
このうえなし(笑



JR駅前の
いつものホテルに
荷物を置いて


市内循環バスで
春日大社前まで


二月堂 
                        二月堂さん


:::


奈良公園では

午後6時の
花火打ち上げ予定の
時間になってから
あいにくの小雨(みぞれ)に

花火

写真はショボイけど(汗


実際の花火は
山焼き前に
短時間ながら間隔置かずの連発で
想像以上の素晴らしさ(綺麗さ)
なのです



ええやん!  奈良市



もと地元民(市民歴22年)も
目からウロコ




本番の山焼き

山焼き


雨で完全に焼けきらず
後日焼き直しに・・・


:::



翌日24日
日曜日は


京都から午後便の
特急サンダーバードで
芦原温泉駅まで行く予定が

近鉄京都に
           近鉄京都駅に「せんと君」



早朝の
サンダーバードから
ダイヤは
乱れに乱れておりまして



ワタシの取ったサンダーバードは
運休決定



それでも早い時間に
京都駅に
到着していたおかげで
遅れていた1台前の
サンダーバードに乗ることが出来て
ホッ!



ホテルの送迎バスも
少し到着の遅れたワタシを待っていてくれて
ホッ!

鯖江の駅で
                              JR鯖江駅
途中の鯖江駅でも
強風のため20分間臨時停車




大きな荷物を抱えて
右往左往の
後の


2016_01_24.jpg

『かに尽くし料理』


越前がに姿ゆで
かにと甘えびのお造り
かに炭火焼
かに天麩羅などなど

とっても
美味しくいただきました


つづく





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

最後の蟹尽くし料理で疲れも吹っ飛びますね(^^♪

花ちゃんさんへ♪

大寒波の日に出かけたものですから
翌日のことが心配でご馳走も喉を通らなかった
・・・いうのは真っ赤なウソ(笑
今季、最初で最後のカニ三昧
美味しく頂戴いたしました
sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle