帰郷  (8月7~8日)

 今日8月7日は

 七日盆(・・・盆はじめ)
       ・・・・お盆に向けて墓を整え準備を始める日

 いつものように故郷奈良に戻って
 お墓掃除を致しました


 そして13日が来ますと夕刻にお墓に
 お精霊さんをお迎えに行くわけなんですけども


 ワタシの場合、自宅が少し遠方なものですから


 毎年

 ひとりで迷わずに帰ってきてくれるものと
 信じて自宅で待っているのです



 最近はちょっと強行軍ではあるけど
 日帰り帰郷が続いておりましたが

 今回は翌日にも両親のお墓や古い友人のお墓を
 訪ねたかったので駅前のホテルを予約いたしました
     ・・・お墓のついで詣り(何か所か同時に行くこと)はイケナイと  
        よく聞くことですが、遠方から行く身になれば仕方ないですよね
        要は、ついでに来たと言う心持でなければいいんだそうです




 真夏の暑い時間帯のこと

 すっかり疲れて外出する気にもならないだろうと
 考えておりましたが

 少し部屋で寛いでおりますと元気も出てきまして

 2006年に行ったきりの

 すっかり故郷の『夏の風物詩』となった

 燈花会 に行ってみました


 燈花会スタート

 JR駅前からスタート


     すべり坂

 子供のころから
 この坂は「すべり坂」と呼んでおりますが
 正式な呼び名かどうか・・・


 この階段は・・



    キラキラの 商店

 修学旅行生用のキンキラしたお土産屋さんも1軒だけ
 開いていました


   猿沢池に写る


 猿沢池に灯りが映えて


 猿沢池



     五十二段から 
                            五十二段から


 階段が52段あるから
     ごじゅうにだん


       赤もかわいい

 五十二段を上がったところに・・・・赤い燈花もかわいいネ


    左


 ライトアップの五重塔を過ぎ

 公園を横切り


鹿たち


 東大寺大仏殿の入り口まで来ました



 南大門


 南大門の左右には


 あ うん


  阿形吽形の彫像が・・・


 中門まで来ました

 今日はここまでしか来れないようです

 ・・・・・・・お盆の時期の何時かは
        大仏様(盧舎那仏)の夜間拝観が出来るハズ


 中門の左右には



持国天立像


                       とっぱつ毘沙門天立像

   持国天立像と兜跋(とっぱつ)毘沙門天立像があります


      幻想的に

 門の柵にカメラを置いて
 大仏殿を撮ってみました



      手持ち夜景


 幻想的ですね



    もう


 バスでホテルに帰って見ますと
 駅前の燈火はすっかり片付けられて(・・・まだ9時なのに)


 静かな夜となっておりました


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村











 


 
スポンサーサイト

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleバルーンが画面内を飛ぶブログパーツ(Twitter連携可)sidetitle

マウスで移動・つぶやき拡大します

sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleプロフィールsidetitle

タビキリコ

Author:タビキリコ
好きな言葉
・・・・夢は枯野を駆け巡る(芭蕉)

旅大好き♪
『夢は世界を駆け巡りたい』
行動派をめざすオバサンです

sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle黒(ぶら)っく 蝶々sidetitle
sidetitle天気予報sidetitle

-天気予報コム- -FC2-
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitlePowered By FC2ブログsidetitle

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle最新コメントsidetitle